忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ブラジャーとスリップ、どちらを先に外しますか?」
望月さんは思わぬことを質問なさったのです。
「ゃ・・そんなこ・と・・」
「いいんですよ。祥子さん自身の身体のせいで、どんどん乱れてゆくランジェリーが恥ずかしくないのなら、ね。」
「あ・・ぁぁ・・」
「ふふ、スリップに包まれた乳房が、たゆん・・と揺れるのは魅力的です。」
大きすぎるバストは、ゆったりと身体を覆うスリップのシルエットの中で、そこだけレースの布地をぱぁんと張り切らせておりました。
赤子をあやす様に膝をゆすり続ける望月さんの動きは、ずりあがったブラの下からくっきりと立ち上がった乳首の淫らな形まで・・・陰影を付けて露にしたのです。

「おねがい、はずかしいわ」
望月さんのやさしい腕の中で、ほんの少し身じろぎをしたのです。
それだけでまた・・・中途半端に乱されたランジェリーを乗せた乳房はまた少し・・・横に揺れるのです。
「どちらにしますか?」 もう・・選択肢はありませんでした。
このままスリップを選べば・・・ずり上がったブラジャーはわたくしの乳房は頂から下辺のたふんとした丸みまでもを、陽の光の中で一層淫らに飾り立てるためだけの額縁に成り果てていたからです。
「ブラを・・外して・・」 わたくしの声はあまりの恥ずかしさに掠れておりました。
「わかりました。」 右のストラップ・左のストラップをわたくしの腕から外すと、まるでマジックでも見せつける様に、胸元からリバーレースのブラを抜き取ったのです。
「あっ・・・」 ブラと一緒に引き上げられた乳房が・・たゆゆ・・ん・・と大きくスリップの中を揺れ・・敏感な先端をレースがこすり上げるのです。
「祥子さんは飾らないほうが素敵です。ほら、ここも」
はむっ・・・ 望月さんの唇が、くっきりと立ち上がった先端をスリップの布地ごと咥えます。たっぷりと唾液を乗せてなめまわす舌先からあたたかいぬめりがレースに広がってゆきます。
「あぁぁ・・ん・・だ・めぇ・・」
昨日一日まったくどなたにも触れられなかったとは言え、その前の32時間ほどは・・・ずっと嬲られ続けていたのです。
ランジェリーのレースの刺激だけでも立ち上がらせてしまうほど敏感になっているのに、望月さんはその先端を無邪気に吸い上げ・・舐め回して・・ゆくのです。
それもランジェリーごと。
ひりつくような快感は、わたくしの声をはしたなく・淫らに・・簡単に変えて行ったのです。
「だめですか?こっち側はあまり感じやすくない方でしたか」
「ああぁ・・んん・・やぁぁ・・」
咥えていた右の乳首から、一層敏感な左に望月さんは口唇を動かしたのです。
彼の唾液で濡れそぼったスリップは、室内の空気にひんやりとして・・・余計に右の乳首に疼きを溜めていったのです。
ぴちゃぁ・・・ちゅぅぅ・・ 水音さえも耳元に直接送り込まれている様に、望月さんは左の一層敏感な乳首をねぶり続けるのです。
「ひぃぁあ・・ん・・」 望月さんの目の前で、右の乳房はたゆたゆんと・・・彼の送り込む淫楽に揺れています。
昨日までの、責めに傷ついたわたくしの身体をいたわるような口戯は、やんわりと上り詰めることのできない快感にわたくしを浸し続けたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございます
みなさまにコメントをいただけて・・・光栄です。
今しばらく、お待ち下さいませ。
出来るだけ早いお時間に復活いたしますので
祥子 2006/10/03(Tue)23:57:58 編集
祥子様
ご無理なさらずに。
私は、のんびりとお待ちしておりますから(^-^)
りん 2006/10/03(Tue)09:59:45 編集
無題
「待望」の望月さんの衣裳責め♪
甘~いキスだけで終わるわけは無いだろう・・・と思っていたのですが。^^
さいしょの一行が、素敵です。口にしてみたいくらい。
たゆん・・・と揺れるバストの表現も、初めてかもしれないですね。
更新まで間が空いたとしても、お待ちする間これひとつでじゅ~ぶん、愉しめますよ♪
柏木 2006/10/03(Tue)07:50:59 編集
祥子様
お疲れが出ませんように・・・。
お待ちしております。
愛おしい祥子様も望月様も。♪
桜草 2006/10/02(Mon)23:32:29 編集
少しだけ・・・
多忙にしておりまして、少しだけお休みを頂戴いたします。
更新が滞ってもうしわけございません。
出来るだけ早く、望月さんとの逢瀬の続きをお届けいたします。どうかお許しくださいませ。
祥子 URL 2006/10/02(Mon)22:31:06 編集
りん様
わたくしは、すべすべしたあの感触が・・・ひんやりとしたあの肌触りに・・・官能を刺激されてしまいますの。
ですから、上質な肌を舐めてくれているような滑らかなシルクが大好きなのです。
まさか、こんな風に見つめられるとは思ってもおりませんでしたから。
祥子 2006/10/02(Mon)22:29:30 編集
祥子様
ランジェリーだけを纏っている素肌というのは、
なぜこうも敏感になってしまうのでしょうか・・・
視覚効果もあるのでしょうね。
素肌に張りつく部分、敏感な先端に押し上げられる部分・・・
その陰影がはっきりするほど、お相手の欲情も煽ってしまいますね。
りん 2006/10/02(Mon)09:58:27 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]