忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「祥子さん。」 わたくしの耳元にかかる望月さんの息は熱をもっているかのようでした。
「そんなことを言ったら・・」
「言ったら?」 声に、意識的に媚びと甘えをコーティングさせてみたのです。挑発・・・だと言われれば、きっとそうだったのでしょう。
「許しません」 苦しそうに、でも喜びを滲ました声で望月さんがきっぱりとおっしゃったのです。

「許しません、僕が満足するまで祥子さんを離しません。紳士的になんてなれないかもしれない。それでもいいんですね。」
ゆうべ、ふたりきりのベッドで・・・わたくしはてっきり望月さんはそうされるのだろうと思っていたのです。箱根の夜と同じ様に。
なのに、抱きしめて眠るだけで・・・彼の身体はわたくしに反応していたのに・・・それを堪える様にして静かに過ごしてくださったのです。
わたくしは、望月さんだけの手で満たされてゆく密やかな二人きりの時間を、熱望しておりました。
「ええ。あなたの好きにして・・・」
「行きましょう。」
甘やかな返事の途中で、望月さんは立ち上がりわたくしの手を引いたのです。行くって・・・どこに。
ダイニングキッチンを抜け、一旦廊下に出た望月さんはそのまま左手へ向かいわたくしを先に扉の中に押し込んだのです。

カチッ・・・ 後ろ手に、彼が扉の鍵を締めたのがわかりました。
出窓から午後の日差しが入るその部屋は、ベッドルームでした。
ライティングデスクとダブルサイズのワイヤーフレームのベッドだけが置かれたシンプルなお部屋は、望月さんにぴったりでした。
「ここは、あなたのお部屋なの?」
ここで、リビングのソファーなんかじゃなくて、彼のベッドで可愛がってくださるのだとわかってわたくしは嬉しくなりました。
でも・・・扉の前に立って、レースのカーテンから溢れる日差しを身に纏ったわたくしを見つめる望月さんに、わたくしは無邪気に微笑みかけてみたのです。あまりに、険しい顔を彼がしていたから。

背の高い望月さんは、つかつかと・・・わたくしに迫ってらっしゃいました。わたくしの肩に手を掛けると、ご自分の胸に引き寄せて強く抱きしめたのです。
「お願い、先にシャワーを浴びさせて」 わたくしは性急に身体を這い回る彼の手に驚き、お願いをしたのです。
朝、温泉で身を清めてきてはおりました。でもその後5時間近くドライブをし、先ほどはソファーの上で・・・彼のキスで絶頂を極めていたのです。
いまのわたくしの身体がどれほどはしたない状態なのかは、わたくしが一番わかっておりました。
キシっ・・・ 身じろぎをするわたくしに、シルクニットのワンピースが代わりとでもいうように絹鳴りをいたします。
「必要ありません、祥子さんに洗い流さなければならないところがあるなら、僕が綺麗にしてあげます。」
「ぃやぁ・・っ」
「その恥じらいの表情も、濃く漂うフェロモンも・・・僕だけのものです。」
「お願い・・・ね。」
「好きにさせてくれると言ったのは、祥子さんです。」
「あぁっ・・・」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様・HAIREI様
桜草様
そうお思いになったことはございませんか?
大人の女の熟した身体だからこそ・・・ね。

HAIREI様
言葉だけで、ぐるぐるになってしまうの?
そんなに?
あぁ・・・激しいキスなんて だめですぅ HAIREI様
祥子 2006/09/28(Thu)07:31:19 編集
うにゃにゃ……
同感です、桜草さん。
祥子様の口からあのような言葉を
出されたら‥あぁ、ダメだ
今の俺にも刺激が強s…そうだ、
そんな挑発的な唇なんて塞いでしm……
(HAIREIぐるぐるにつき強制終了)
HAIREI 2006/09/28(Thu)06:03:29 編集
祥子様
彼の思いのままめちゃくちゃに・・・・。
はあ・・・なんと官能的なお言葉。
でも今日の桜草には刺激強すぎるなあ。
桜草 2006/09/27(Wed)22:23:20 編集
桜草様
望月さんに対して、そんなに軽々しく<愛>という言葉を使ってもいいものなのかどうか・・・
わたくしにはわかりませんの。
ただ、この時だけは・・・彼の思いのままめちゃくちゃにされたかっただけなんです。
祥子 2006/09/27(Wed)20:18:12 編集
祥子様
「あなたの好きなようにして」
そんな言葉が出るのは望月様を愛していらっしゃるからでしょうか?
二人きりのベッドで何もせずに静かに眠らせて下さった望月様への感謝の気持ちからだけではないですよね。
桜草 2006/09/27(Wed)20:05:51 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]