忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「なぜ、そんなことを言うの?」
わたくしが男性の目の前で身支度をしないことを一番良く知っているのは、望月さんのはずです。なのに・・・
「僕が見たことのないオペラピンクのランジェリーを、<着る>姿を見せてください。」
「着た姿なら・・・」
「いいえ、美貴や山崎さんや石塚さんには着た姿を見せたのでしょう。僕はあの夜、祥子さんの白い肌を彩ったランジェリーをほんのわずかも見ることが出来なかったんです。ずっと、僕を悩ます妄想にけりをつけていただくためにも、あの方達も知らない祥子さんの姿を見せてください。」
「やぁ・・・ぁぁ・・」
はじめて、あのランジェリーを身に着けた夜。
3人の紳士はベッドの上でわたくしのお洋服とランジェリーを剥ぎ取りながら・・淫らにわたくしを堪能し尽くしたのです。ブラとTバックのパンティとスリップ・・・そしてガーターベルト。
望月さんに最初にお逢いした時身に着けていた4点のセットのうち、3点は美貴さんたちに持ち去られ、彼が迎えにきてくれた時には・・わたくしの身体にはガーターベルトしか残されていなかったのです。
たとえ、あの朝わたくしを迎えにきた望月さんがランジェリーを身に着けたわたくしを見たいとおっしゃられても・・・とてもお見せすることなんてできなかったのです。

「でも、今はこの姿を堪能させてください。」
望月さんは身体の向きを変えて、わたくしの左脇に膝を差し入れたのです。
わたくしの上体は横抱きにされたように彼の右腕の中にすっぽりと収まってしまったのです。
「おねがい・・優しくして」 すぐ左上にある望月さんの甘い笑みをたたえた顔を見上げました。
「僕は、優しくないですか?」 そう問われてしまえば、ふるふると・・・首を横にふるしかありませんでした。
「恥ずかしいこと・・しない・で・・」 にっこりと微笑んだ望月さんは、わたくしの恥じらいを浮かべた顔をわざと覗き込むのです。
「僕と二人きりなんです。恥ずかしがる必要はありません。それに、祥子さんには恥ずかしいところなんて、何一つありません。」
「あっ・・・ゃぁん」
優しく語りかけながら、望月さんの指はブラのスナップを外していたのです。Gカップの乳房の量感のせいで肩紐までが落ちかかりそうになるのを、咄嗟に押さえようとしたのです。
「だめです、隠したりしちゃ。ランジェリーに閉じ込められている祥子さんのバストも素敵ですが、拘束を解かれてたゆん・・と揺れるこの白い肌はもっと素敵なんですから。」
よいしょ・・とい感じで望月さんはわたくしの背に当てられた右膝を揺らします。
たふふ・・・しなやかなフルカップ・ブラを胸の頂きに乗せたまま・・白い乳房が脂肪層独特の半拍遅れたリズムで揺れてゆきます。
揺れる度に・・・本当の量感を被い切ることの出来ないブラは少しずつずり上がって行ったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
こうして、ふたりきりのお時間を過ごしていることさえもこのときは望月さんにしかお許ししてなかったんですのに。
でも、やはり応えてさしあげたいと思うのは、望月さんだからですね。きっと。
祥子 URL 2006/10/01(Sun)11:22:52 編集
祥子様
下着をつけるところを見られるのは、ほんとうに恥ずかしいものですね。
でも望月さんは、祥子様と二人の時間を過ごす証を、
そして何より、「自分だけの祥子様」を、心から欲していらっしゃる・・・。
この空間ですもの、応えてさしあげてくださいませ。
りん 2006/09/30(Sat)20:55:56 編集
桜草様
そうですね。
できればお見せしたくない姿ですが・・・
望月さんが何か他のことで納得していただければと願ってしまいますわ。
祥子 URL 2006/09/30(Sat)19:14:55 編集
祥子様
ピンク色にもいろいろな種類がありますね。
「オペラピンク」はこのブログの背景のピンクよりもう少し濃い目でしょうか。
その色の下着を望月様の目の前で着替えるのですか?
下着を身に着ける姿は見せたくはないですね。
桜草 2006/09/30(Sat)18:42:40 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]