忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ふ、こんなにくっきりと堅くして。いつまでも咥えていたくなる。」
ちゅぷ・・・ 望月さんの唇の動きは、まるでわたくしが男性にしてさしあげるフェラチオと同じでした。
ねっとりと、快楽の芽を舌先で探り当てて・・印のないその場所を責め立てる。吸い上げ舐り尽くすその行為は、お相手を淫楽に蕩けさせるためだけに・・・繰り返されるものなのです。
「ゆるし・・て・・」 もじもじと身を捩るわたくしにスリップの裾は、はしたなくずり上がってきておりました。直したくても横抱きにされたわたくしの両手は、望月さんに捉えられていたのです。
「すぐに全部を剥ぎ取って、一部の隙もなく僕の身体に抱きしめたいと思う。でも祥子さんだから似合うこのドレスのようなランジェリーを着けさせたままで・・・どこまでも貪りたくもなってしまう。」 
「あぁっ・・」 放置されたままの右の乳首は、室温に冷えた望月さんの唾液で優しく氷で愛撫したのと同じ状態に・・・反応していたのです。それを改めて口に含むことで・・・今度は蝋燭を垂らした様に熱い舌で、身を反らせるほどの刺激を与えるのです。

「すみません。こんなに濡らしてしまった。」 乳房の頂きから1/3ほどまでにぴったりと張り付いたスリップは、繰り返される口戯にそこだけ色を変えておりました。
「いやぁ・・・」
「だめです。祥子さん、僕のことを見てください。」 黒髪を振り乱す様に・・・顔を背けたわたくしに望月さんのやさしい命令が届きます。
「見てくれないなら、この恥ずかしいランジェリーのままでもっと恥ずかしい場所に連れてゆきましょうか。」
「えっ・・だめぇ」 わたくしは、望月さんを見上げました。どれほど恥じらいを表情に浮かべてもわたくしの眼元には・・・淫楽に溺れた証が濃厚に漂っていたことでしょう。
「キッチンがいいですか?それとも玄関?ベランダにしましょうか?リビングは別荘でここを・・・」
「ゃ・ん・・」 望月さんの指が、わたくしの太ももの狭間をランジェリー越しに撫で上げます。
「つるつるにされてしまいましたからね。それとも、あの時と同じ姿に括って・・・最後まで犯されたいですか?」
「だめぇぇぇ・・・」 望月さんも美貴さんも山崎さんもご覧になっている前で、石塚さんの手にした鋏が・・剃刀が・・・わたくしの茂みを全て刈り取ってゆかれた一昨日の夜のことを思い出させるのです。
まだたった2日なのに、あの時のままにしている丘には、わたくしだけにわかるほど微かにちくちくと・・・漆黒の芽が萌えはじめていたのです。
「お願い、そんなのいや・・・ここで。・・して」
望月さんが緊縛の技術を持ち、ご自分が縄を打たれたわたくしを犯す時にどれほど興奮してくださるのかはわかっておりました。でも、望月さんにだけは・・・優しく・・抱かれたかったのです。
「そんなに嫌ですか?ベッド以外でもあんなに感じるのに?」
「いじわる・・いわな・い・・で・・」 くしゅっ・・・ むき出しのままで冷えた肩が火照った身体をも冷やしていたのでしょうか。小さくすすり上げたわたくしの鼻先を彼の指がちょん・・と触れたのです。

「祥子さんがそんなにいやがるなら、しません。そのかわり、もう1枚ランジェリーを脱ぎましょう。スリップがいいですか?それとも・・・パンティにしますか?」
にこっと微笑む望月さんの表情は、寛容でセクシーな恋人のものでした。そしてわたくしの体側に触れる彼の身体は、熱く堅くそそり立っておりました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様・桜草様・HAIREI様
ただいま。
こんな風にお迎えしていただけるとほっといたします。
それもアップした当日に。
随分と留守にしたものですから、気づいてはいただけないかと心配しておりました。
とてもとても嬉しいです。

実はまだしばらくはちょっと忙しくしておりまして、時々お休みがあるかとは思いますが・・・それはお許しくださいませ。
これからも、宜しくお願い申し上げます。
祥子 2006/10/06(Fri)13:34:23 編集
無題
おかえりなさい♪
愛しい御方の帰還が
これほど心震わすものだったとは…♪

そしてこのような御方を両の腕で
専有できる望月さんが激しく羨ましいですな

そう…おもわず掻っ攫いたくなるくらいにw
HAIREI URL 2006/10/06(Fri)02:52:45 編集
祥子様
お帰りなさいませ。
愛しい祥子様お待ちしておりました。
寛容でセクシーな恋人・・・祥子様を独り占めに出来るなんて羨ましいです。
さて・・・スリップ? パンティ?
桜草 2006/10/05(Thu)23:20:18 編集
祥子様
おかえりなさいませ。
ご多忙の中、お疲れではないですか?
くれぐれも、ご無理をなさいませんよう。

望月さん、やはりお優しい・・・
本当に愛しいと思う祥子様には、決して無理強いはなさらないのですね。
それに、祥子様が男性になさる口戯と同じような愛撫をしてくださるのですもの、
そう、”お相手を淫楽に蕩けさせるためだけに”。

素敵な愛の形だと、素直に思ってしまいます。

りん 2006/10/05(Thu)22:51:03 編集
お待たせいたしました
もう、こんなに間が開いてしまったのですね。
お待たせして申し訳ありませんでした。
本日から再開いたします。
とはいえ・・・まだ時折アップが遅れるかもしれませんがご容赦くださいませ。
祥子 2006/10/05(Thu)20:44:22 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]