忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キングサイズのベッドにわたくしを押し倒した望月さんは、乱れたニットワンピースの太ももの上に馬乗りになっておりました。
わたくしの動きを封じ込めたその姿勢のままで、彼はネイビーのセーターを脱いだのです。
真っ白なシャツの彼の上半身は一層大きく・・・見えました。
「おねがい、シャワーを浴びさせて。」
シャツの釦を1つずつ・・・戸惑うわたくしを見つめながら外してゆく望月さんにもう一度お願をしたのです。
「必要ありません。いまの祥子さんも、僕の好きな香りのままです。」
ふぁさっ・・・細番手の肌触りのいい望月さんのシャツが、ベッドの足下へと落ちてゆきます。
すべすべした望月さんのしなやかな筋肉の隆起を示す胸板に、午後の光が映り込みます。

「さぁ、今度は祥子さんの番です。」
望月さんは、少しだけ・・・わたくしのワンピースがたくし上がってしまった膝の上あたりに彼の腰の位置を動かしました。
「僕が選んだランジェリーを着けた姿を見せてください。」
「やぁあっ・・・」
望月さんの手がワンピースの裾に掛かったのです。少しずつ引き上げてゆこうとする裾を、わたくしは両手で必死に押さえました。
「祥子さん。」
シルクニットを掴んだ彼の手が離れてゆきます。
「僕の好きにさせてくれるって言った言葉は、嘘なんですか?」
「嘘じゃ・・ない・わ。」 冷静な望月さんの声に、わたくしは不実を責められた様な気がしてしまったのです。
「その手をどけて下さい。それとも、括られたいですか?」
「いや・・ゆるして。」
「僕は、赤い縄で縛り上げた祥子さんを見るのも好きなんです。でも、せっかくこうして二人きりになれたのに縛って無理矢理なんてことはしたくないんです。」
彼の声はいつもの優しさに戻っていました。
望月さんの縄は・・・長谷川さんのような厳しさではなく、愛しく包み込むような括り方でした。彼の腕に抱かれているような緊縛は、決して嫌ではなかったのです。
でも、いまは望月さんが言う様に括られて愛されたいわけではなかったのです。
わたくしは手指の力を抜き・・・彼の視線を遮る様に手の甲で目元を覆ったのです。
「僕を見てくれないんですか?」
「恥ずかしいの。陽の光の中であなたに見られるなんて・・・」
「綺麗ですよ。祥子さんは。」
望月さんの手が再びワンピースの裾にかかったのです。

今度は、焦らすようにではなく・・・すっと、太ももを横切るストッキングの上端まで引き上げたのです。
「僕は、ガーターストッキングをこんな風に普段から身に着けている女性を祥子さん以外には知りません。」
「はぁぁ・・ん」
つぅぅっ・・・揃えて伸ばした左の内ももを望月さんの指が這い上がってゆきます。
「はじめて祥子さんにお逢いした日の夜。美貴からガーター用のストッキングを1組届ける様に言われたとき、とても驚いたのを憶えています。慌てて・・・深夜まで営業しているとあるホテルのランジェリーショップまで車を走らせました。」
オペラピンクのランジェリーを・・・破れたガーターストッキングとガーターベルト以外全てを初対面の3人の紳士に奪われた朝、ホテルに用意してあった新しいストッキングは望月さんが手に入れてくださったものだったなんて。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様・桜草様
そんな風におっしゃられたら・・・わたくし恥ずかしくて
どうかお手柔らかにお願い致しますわ。
女性の身体を知り尽くした同性の愛撫は
わたくしは経験はございませんが
もしかしたらまた格別なものかもしれませんわね。
祥子 2006/09/30(Sat)00:11:22 編集
祥子様
はい。りん様必ず・・・・・。

HAIREI様も参戦下さいます?
でも・・・見てるだけかも♪
桜草 2006/09/29(Fri)20:26:46 編集
祥子様
たしかに、攻略すべきは望月さんなのかも。
でも今私は、祥子様の肌に触れたいのです。
望月さんよりも、さらに祥子様に魅了されているのです。
祥子様、忘れないでくださいまし。祥子様は男性たちの他に、私たち女性をも虜にしてしまったことを・・・。
桜草様、いつか必ず・・・ね。
りん 2006/09/29(Fri)09:58:47 編集
HAIREI様
お引っ越しお疲れさまでした。
リンク先変更しておきますね♪
祥子 2006/09/29(Fri)09:22:41 編集
無題
襲ってどうするって…?(´_ゝ`)
それは愚問というものですな。
とはいえ三人のお嬢さんを相手にするのは
流石の望月氏も大変だろうから
俺も参戦しようかなーw


ps 引越しほぼ完了しました。
HAIREI URL 2006/09/29(Fri)03:04:13 編集
りん様・桜草様
りん様・桜草様
わたくしを襲ってどうなさいますの?
それよりも・・・全ての気持ちを露にした望月さんを
お二人で攻略されるほうが楽しいのではありませんか?
祥子 2006/09/29(Fri)00:07:11 編集
祥子様・桜草様
本当なら、祥子様のお許しをいただいてからがベストなのでしょうが・・・。
桜草様、やはりここはひとつ、ご一緒に、半ば強制的に、祥子様を襲っちゃいましょう・・・うふふ。
やさしく、激しく、じっくりと、愛してさしあげましょう。
祥子様が何度も何度も、絶頂を迎えることができるように。
祥子様、よろしいですね?
りん 2006/09/28(Thu)21:51:40 編集
祥子様
私もりん様と同じです。
祥子様を愛したいって・・・・。
ず~~と前からそう言ってるけど、お許しが出ないのですよ。 りん様
二人で襲っちゃいましょうか?
うふふ。
桜草 2006/09/28(Thu)20:11:54 編集
祥子様
これまで私は、祥子様側から望月さんを見つめていました。
だから私も「めちゃくちゃにしてほしい」と思いました。
でも・・・祥子様、
私も望月さんと一緒に、祥子様を愛したい気分です。
「好きにして」という言葉通りに、
ガーターストッキングまでも用意したものとして。
さあ、祥子様、
乱れてください。

りん 2006/09/28(Thu)08:12:10 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]