忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ちゃんと居るでしょう。ここに。」
「はい。でも、こんな風に抱きしめていたら、いつまで経ってもドキドキがおさまらなくて困ります。」
言葉とは逆に、望月さんの腕がきつく・・肩に巻き付くんです。まるで腕の中にいるわたくしが霞のように消えてしまうんじゃないかと心配するみたいに。
「居なくなったりしないわ。だから離しても平気よ。」
わたくしは、望月さんの厚い胸に両手を押し当てて身体を引き離そうとしたのです。それでも彼の腕は動かないのです。だから、次は身を捩るようにして・・・
「あぁ僕に触れる祥子さん。悩ましすぎます。」
シルクニットに包まれたGカップの乳房の外辺が望月さんの腕に触れた時、うめく様に呟いた彼に、そのままソファーへゆっくりと押し倒されてしまったのです。
「側にいたら望月さんが辛いなら・・。」
「それ以上言わないでください。」
「ぁふっ・・・」
再び重ねられた唇と共に、わたくしに触れた望月さんの身体は明らかに昂っておりました。お行儀のよい装いのままで、彼のスラックスとわたくしのニットワンピースを隔ててもその熱が伝わってくるほどに・・・です。

ちゅく・・・ 絡めた舌を離す時にきらめいた透明な1本の粘糸が二人の間を一瞬だけ繋ぎます。
「あまい・・・」
くちゅぅ・・・ 何度も何度も・・・望月さんはわたくしの舌先を上顎を・・・上下の唇を・・・味わい続けるのです。花びらの奥を彼の塊で愛するのと同じ力強さで。
「・・ぁぁ・ん・・」
キシっ・・先ほど中断され現実に引き戻された官能は、ふたたび蕩火に炙られる様にわたくしの身奥で大きくなってゆくのです。太ももに触れる熱く猛った塊や、荒いニットの目が望月さんの胸板で擦りつけられる・・・乳房の先端や・・・探り当て指を絡められ押さえつけられた左手や・・乱されたまま揃えられなくなった脚や・・・たくし上がったワンピースの裾や・・・。
その前の夜から主とその友人とはいえ、他の男の手の中にいるわたくしを見守り続けることが・・・その後の24時間の禁欲が・・・どれほどの苦行だったのかを、望月さんはわたくしに思い知らせようとしているかのようでした。
「ぁぁっ・・ぃ・・くっ・・」
身を起こそうとして、ソファーから落ちかけたわたくしの脚の間に立てられた望月さんの膝が、レースごしに茂みのない丘の中心の真珠に触れた途端・・・わたくしは・・・はしたなく達してしまったのです。

望月さんに覆われた唇の中に漏らした絶頂の喘ぎと、ピクンと反り返った背筋が・・・キスに夢中になっていた彼に、淫らな現実を教えてしまいました。
「キスで?」
「ゃぁ・ん・・」
信じられないと言った表情の、彼の視線がわたくしをいたたまれなくしたのです。
「嬉しいです。キスでそんなに感じてもらえたなんて。」
わたくしはまだ達した衝撃に肩を喘がせ続けておりました。声を出せば艶めかしい響きを帯びた声しか出せなくなりそうで・・・羞恥に彼の視線から顔を背けてしまったのです。
「祥子さん、僕を見てください。」
優しい声に、はじめて・・・わたくしの前で<僕>と・・・リラックスした物言いをした望月さんを改めて見上げたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様・りん様
桜草様
おかえりなさいませ。
京都はいまは紅葉の前の一番静かな秋を堪能出来る季節なのでしょうね。
ゆっくりなさいましたか?
キスで、頭が真っ白になってしまう・・・それほどに官能的なことなのに、大人になると忘れてしまったりして。
初恋の君に奪われたはじめてのキスを、ふと思い出してしまいました。


りん様
そんな問いをつい口にしてしまう・・・望月さんの純真さが・・・愛おしくなってしまうんです。
祥子 2006/09/24(Sun)19:01:37 編集
無題
はあぁぁっ・・・

>「キスで?」

その言葉も表情も、その後の熱い感覚をより高める材料になってしまうのですよね。


濃密な時間に溺れてしまいそうです。
りん 2006/09/24(Sun)16:43:27 編集
祥子様
あ~~感じます。
桜草までもが逝ってしまいそうです。

留守にしておりましたが、戻って参りました。
望月様の故郷の京都に行っておりました。
ええ・・・桜草の故郷でもあります。
留守にしている間にキスで逝ってしまわれるなんて・・・・
淫らですね・・・祥子様。うふふ。
桜草 2006/09/24(Sun)14:40:31 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]