忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「だめです。帰ったりしちゃ。」
「・・・あん」
腰を浮かせかけたわたくしを、大きな望月さんの腕が抱きしめます。想像以上に・・・きつく。
「帰らないわ。」
「本当に?」
「ええ、祥子って呼んでくださったらね。」
「しょう・・こ」
そのまま、望月さんの唇はわたくしに・・・重ねられたのです。
数日ぶりの激しいディープキスでした。
男性なのに柔らかな唇と舌はわたくしの口唇をついばみ・ねぶり・絡め・吸い上げてゆくのです。わたくしは声を上げることも忘れて、望月さんの腕の中に・・・はしたなく我が身を投げ出しておりました。
しなやかな望月さんの指が、わたくしの眼鏡を取り上げます。
アールグレーの香りの唾液はわたくしの唇から望月さんの口内へと絡めとられ・・・より濃く・甘くなってわたくしの喉へと落とされてゆくのです。唇はほんの少ししか離れることを許されずに、喘ぎはそのまま吐息となって望月さんの体内へと流れ込んで行ったのです。
望月さんの指が、わたくしの髪に差し入れられます。大きな手が・・指が・・わたくしの柔らかなストレートロングの髪を絡めとり、優しくこの数日緊張に強ばっていた頭皮を・・・首筋をもみほぐすのです。
繊細に指を動かしながら、動物的にわたくしを貪るキスは・・・止まらないのです。官能的なまでの身をほぐされる喜びにわたくしの身体は震えはじめておりました。

「あん・・ゆるして・・・」
ほんの僅かに離れた彼の唇との狭間で、わたくしはため息のようにたった一言を漏らしたのです。
ディープキスは、もう数十分にも及んでおりました。真摯でわたくしに溺れているような口づけは、わたくしをあと数分で最初の絶頂へと導きかねないほどの力を持っていたのです。
「帰る・・・なんてもう言いませんか?」
こくん・・・とわたくしは望月さんと眼を合わせることすらできないままで、首を縦に振ったのです。声を出したらはしたない喘ぎになってしまいそうだったからです。
「本当に?」
「ええ」
わたくしはそのまま、彼の胸元へと顔を埋めていったのです。

「よかった。祥子さんに嫌われたかと思った。」
抱きしめたわたくしの頭に顎を載せるようにして、望月さんが、ふたりきりの時だけに聞かせてくれる優しい声で語りかけてくれたのです。
「嫌ったりしないわ。」
子供の様に彼の胸にぐりぐりと頬を擦り付けて・・・わたくしは答えました。
わたくしの方こそ、別荘での最後の一日をもしかしたら望月さんに嫌われたのかと半ば案じていたのですから。
「夕食までは、我慢しようと思っていたんです。優しい恋人のように祥子さんをエスコートしたかったんです。」
「嬉しいわ。」
「でも、祥子さんが帰るなんていうから我慢できなくなって。まだ、あなたがここに居てくれるかどうかって、ドキドキしてる。」
「ん・・・」
言葉通り、わたくしの右耳が当たっている望月さんの胸は、トットッと・・・早い鼓動を刻んでいたのです。命の証の音・・・を。
赤子のようにわたくしは彼の鼓動に安心し、大きな胸に抱き取られていたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
望月さんの胸で・・・女性にしかわからない至福の時かもしれませんね。
そんな風に、桜草様を抱きしめる幸せな方もきっといらっしゃるのでしょうね。
祥子 2006/09/24(Sun)18:56:47 編集
無題
>真摯でわたくしに溺れているような口づけは、わたくしをあと数分で最初の絶頂へと導きかねないほどの力を持っていたのです

キスだけで絶頂へと導かれる・・・そんなキスはなかなかありませんよね。
心と体が共鳴しないとね。
胸に頭をもたれさせて鼓動を聞きながら抱きしめられる・・・う~~ん 幸せ。
桜草 2006/09/24(Sun)14:35:34 編集
柏木様
わたくし、男性の鼓動を聞くのが好きなんです。
あぁ・・・いま一緒に生きていてくださるって思うだけで、幸せになりますね。
静かに寄り添っていないと感じることのできない<鼓動>。
二人の間の関係性もそこにあらわれるのかもしれませんね。
祥子 2006/09/24(Sun)10:27:25 編集
無題
鼓動を重ねる。ということは、。
生命を重ねることにつながりますね。
甘くて、そしてせつじつなものを帯びるひとときかも。
柏木 2006/09/24(Sun)08:37:39 編集
りん様
望月さんのキスに・・・わたくしと一緒に感じてくださっているのですね。
高坂のサービスエリアで約束した優しいキスよりも少し過激ですけれど

祥子 2006/09/23(Sat)13:21:06 編集
祥子様
キス・・・私も 弱いのです。
それだけでカラダがとけてしまいます。
りん 2006/09/23(Sat)12:35:33 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]