忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また少し、ワンピースの裾が引き上げられました。
太ももの合わせ目が・・・望月さんの眼に触れてしまうぎりぎりまで。
ワンピース同様に、スリップの裾までもがはしたなく乱れて・・・ずり上がっていることは、そこだけむき出しの太ももに触れる空気でわかりました。
「破れた、もう祥子さんが捨てようとしたストッキングを見て何度この景色を想像して・・・」
ピッ・・・ ストッキングへと伸びるガーターベルトのストラップを望月さんの指がはじきます。わたくしはその刺激だけで、ぴくんと身を震わせてしまったのです。
「美貴に頼んだんです。今度、祥子さんと逢うときは僕に彼女の身の回りのことをさせてほしいって。」
紅葉に包まれた箱根の宿で、望月さんがわたくしにかしずいてくださったのはそんな理由だったなんて・・・はじめて知りました。

「少し腰を浮かせてください。」 彼の右手がわたくしの腰の丸みに添えられます。
わたくしは今度は素直に・・・身体を反らせたのです。
「ぁ・ん・・」
するっ・・・スリップの上を、シルクニットは滑ってゆきます。黒のリバーレースに浮かぶヒップからウエストまでの熟した女のラインが、いまは望月さんの視線に晒されているのです。
身体の芯を淫らな慄きが駆け抜けていっても、その反応を彼には知られたくなくてわたくしは身を捩ることを堪えたのです。その代償だというように、望月さんの視線の下で・・・ランジェリーに包まれたわたくしの腰は花蜜を溢れさせていたのです。
「スリップを身に着けている女性も、僕は祥子さん以外は思い当たりません。美貴と一緒に行ったランジェリーショップのオーナーが、応接室でフルセットのランジェリーを広げて、こんな風に着けてもらえるなんて幸せだとため息のように漏らした言葉は今でも忘れられません。」 望月さんの手はウエストから腰へのラインを撫で下ろします。くっ・・と年齢相応の身体が恥ずかしくて・・・つい腹筋に力を入れてしまうのです。
「『慎ましやかな女性なんですね。』と、その時ショップのオーナーは言っていました。美貴は『ええ、とても』と答えていましたが、その時僕はまさか・・・と思ったんです。だって他のランジェリーはとても扇情的だったから。」

「あっ・・ゃ・・」
わたくしの顔の上に重ねられた手のひらを、望月さんの両の手が掴みとったのです。
「起きてください。」 力強い彼の腕で、わたくしの上体は引き起こされていったのです。
羞恥に上気した表情のわたくしは、望月さんと向かい合う様に起き上がったのです。
「さ、手を上げて」
「きゃ・・っ」
掴まれたままの手を頭上にまとめると、彼はワンピースの裾を一気に引き上げ・・・わたくしをランジェリーだけの姿にしてしまったのです。
もう一度わたくしをベッドに横たえると、望月さんは背筋を伸ばし・・・羞恥に染まった頬をロングヘアに埋める様に顔を反らせたわたくしを俯瞰したのです。
「あぁ、よかった。祥子さんの白い肌には、やっぱり強い色が似合いますね。」
望月さんはわたくしの脚の上から、腰を退けたのです。
広いキングサイズのベッドの・・・わたくしの左側に膝立ちになったのです。
「後で、祥子さんにランジェリーを一組プレゼントします。僕の目の前で着替えてみせてください。」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]