忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「浴衣?」
「ええ。」
「ドライブに?」
「そうです。ちゃんと座りやすい帯の形に結びますし、万が一着崩れても僕がちゃんと直してさし上げます。」
白地に浅葱で染め抜かれた蜻蛉の柄がすゞやかな着物でした。合わせる半幅帯は黒地にほおずきの朱と緑が鮮やかに映えています。
浴衣というよりは一重の着物と言った方が似合いなほどに、一般的な小紋などと変わらない格を持った品であることは一目瞭然でした。
どこに出掛けるにしても、黒のレースのパーティドレスではいまの望月さんには不釣り合いでしょう。用意されたこの着物に着替えるしかありません。
「わかりました。望月さんの寝室をお借りしてもいいですか?」
もう、21時をまわっておりました。ドライブにゆくならあまり遅くならないほうがいいでしょう。

「だめです。ここで着替えていただきます。さぁ、立って。」
「いやぁ・・・」
煌々と明かりの灯るこの部屋で、彼の眼の前で着替えろとでも言うのでしょうか。
「お願い、ここでなんて恥ずかしいわ。」
「見せてください。石塚様がどんなことをなさったのか、その痕跡くらい確認させていただきます。」
「何も、ないわ。」
「何もですか。本当に?」
「だったら、余計に構わないじゃないですか。素直に僕にその身体を任せてください。」
「だめ・・・」
「逃げないように括らないということを聞いてくれませんか?」
押し問答でした。
望月さんだって、石塚さんから今夜わたくしを招待したのが会社主催のパーティだと聞いていたはずです。たとえどんな理由だったとしても、わたくしを呼び寄せて指一本触れないでいることはない・・・石塚さんをよくご存知の望月さんなら当然のようにお考えになったことかもしれません。
でも、その疑惑と嫉妬は先ほどのキスで帳消しになったとばかり思っていました。いえ、そう思っていたのはわたしだけだったようでした。
これ以上逆らえば、せっかくの石塚さんの最後の忍耐やわたくしの気遣いが無駄になってしまいます。
「お願い、明かりを落としてちょうだい。」
わたくしは、それだけを眼の前の素敵な若い男性にお願いしたのです。

「わかりました。」
わたくしが、身体の力を抜いたのを感じたのでしょう。
腕を掴んでいた望月さんの手の力が緩みました。
「ちょっと待っていてください。」
望月さんが向かったのは、テレビの隣で咲いている青紫の鉄線の下の棚でした。
そこからなにかを出すと、鉄線の鉢の側とローテーブルに置いたのです。薄紫の蝋燭でした。彼の大きな手の中に握り込まれたもう一つのものは、マッチのようでした。
シュッ・・・・ ぽゎと灯った2つの明かりからは、優しいラベンダーの香りがただよいはじめました。
「ハーブキャンドルね。」 振り向いたわたくしからは、キッチンの逆光にシルエットになった望月さんが見えました。
「これならいいですか?」
「ん・・恥ずかしいけど、許してはくれないのでしょう。」 半年前の時には、彼の前でプレゼントされたランジェリーに着替えることに羞恥するわたくしを、さりげなく1人にしてくれたのです。
なのに今回はここまでするのです。許していただくのは、無理のようでした。
「ええ、そうです。」 わたくしの後に立った望月さんは、潮風になぶられていた髪を片手にまとめ、ファスナーに手をかけたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]