忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あん・・・ね、シャワーを浴びさせて」 彼の手が触れた髪に穏やかだったとはいえ海風に当たったままの身体が・・・気になったのです。
着せていただくのは着物です。お洋服と違ってそう簡単にお洗濯できるものではないのですから。
「だめです。それに祥子さんにシャワーなんていりません。」
「だって、お着物」
「いいんです。これ以上僕を焦らすと怒りますよ。」
ジィィィィ・・・・っ ファスナーが一気に下げられてゆきました。
パサァ・・・・ 肩を落とされたワンピースが足許に落ちてゆきます。肩の留められたままのアンダードレスも一緒に落とされたわたくしの身体には、夏でさえ真っ白なままの肌の上に、黒のレースに散りばめられたゴールドの糸が揺れる蝋燭の明かりに煌めくランジェリーだけが残されたのです。ブラとハイレグパンティとガーターベルトに留められた極薄の黒のストッキング。
ほぉぅっ・・・ ワンピースを拾い上げた望月さんの嘆息が小さく背中に聞こえたのです。

望月さんは、それでもわたくしの身体を回して、ランジェリー姿を鑑賞しようとはなさいませんでした。もう一度ストレートロングの髪を手に取ると、わたくしの左の肩にまとめて預け、ブラのホックを外したのです。
「やん・・・」 思わず落ちかかるレースを手で抑えます。
「素直になさらないと、お時間がかかる場ばかりですよ。」 聞こえてきた声は、やはり背後からでした。
わたくしは抑えていた腕を下ろし、レースの重みに両腕からブラが落ちるに任せました。
次いで望月さんの手が掛かったのは、ハイレグのパンティでした。ウエストのレースを掴むと一気に足許まで引き下ろします。
「脚を上げてください。」 腰の丸みに息がかかるほどの位置から聞こえる望月さんの声に、わたくしは小さく右足と左足を上げました。
プチっ・・・ ウエストに巻かれたガーターベルトのスナップが外されます。
いつもなら、わたくしの前にまわって左右の留め具から順にはずす望月さんが、今夜は羽を広げたコウモリのようなガーターベルトごとストッキングを下ろしてゆかれるのです。
それだけでも、わたくしの羞恥に満ちたストリップティーズを楽しむのが目的でないことはあきらかでした。
「もう一度、脚を上げてください。」 ゆるゆると落ちてゆくストッキングを彼の手が、片脚ずつ脱がせてゆきました。

「これに袖を通してください。」
ふわ・・・と掛けられたのは、絽の襟の付いたガーゼの長襦袢でした。
望月さんはここまでの間、一度としてわたくしの前にまわってらっしゃることはありませんでした。セクシュアルな悪戯も、一度もなさらなかったのです。
ずっと後で、わたくしから脱がせたものを手元で整えながら脱衣のお手伝いをしてくださっていただけでした。
「はい」 わたくしははじめて見る長襦袢に手を通したのです。
肌襦袢でガーゼのものは目にします。がウエストから下と袖を絽の素材に、上半身にあたる部分をガーゼにしたものははじめてでした。
「これは?」
「この着物を素肌に着て頂いてもいいのですが祥子さんの肌には酷だと思いましたので、作ってみました。」
「柔らかくて気持ちがいいわ。」
「そう言っていただけてほっとしました。」 前にまわった望月さんの手には、白の伊達締めが握られていました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
<望月さんの成分分析>
望月さんの45%は愛で出来ています。
望月さんの45%は情報で出来ています。
望月さんの5%は気合で出来ています。
望月さんの3%は欲望で出来ています。
望月さんの2%は月の光で出来ています。

今回は、石塚さんから多少早めに知らされていたからでしょうか。望月さんの準備は周到でしたね。
それにしても・・・ハーブキャンドルは、望月さんご自身がご用意されていたものなのか・・・お母様が万が一と用意していたものなのか、わたくしも気になるところです。
祥子 URL 2006/10/17(Tue)13:09:33 編集
祥子様
少し甘いアイスティ、ハーブキャンドル、特別に誂た肌襦袢・・・
望月さんのお心遣いに感心いたします。
お着物の着付けについては、プロ意識が働くのかもしれませんね。
素敵な祥子様に、より美しく着て欲しいという想いも込めて、てきぱきと着付けていかれる。
愛情の深さもさることながら、ご自身が関わる人々や事象についての情報量も、相当なものなのでしょうね。
当然、努力もなさっている。
以前、こちらではなかったと思いますが、男性キャラクターの成分分析がありましたね。
望月さんの項、あらためて納得です。


りん 2006/10/17(Tue)12:33:50 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]