忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロータリーエンジン特有の鈍いアイドリングの音が駐車場に響きます。
「苦しくはないですか?」
助手席まで装備されたレカロのシート。レース仕様の車ほどコンパクトではないタイプですが、過不足なくわたくしの身体をサポートしてくれています。
「ええ、平気よ。気持ちいいわ、このシート。」
「よかった。ほっとしました。それじゃ出しますね。」
車の始動はいつもと同じに滑らかでした。ただ、同じ助手席でもセルシオよりもちょっと近い距離が、わたくしをこれからのドライブに対する期待以上にドキドキとさせていたのです。

「鈴が森で首都高に乗ります。」
行き先を教えてくださらない望月さんが口にしたのは、高速に乗るということだけでした。鈴が森からだと・・・まだ行き先を推察することはできません。
「ね、どこに行くの?そろそろ教えて。行き先を聞いても、もう逃げ出したりはしないわ。」
レカロのシートに、しっかりと締めたシートベルトがわたくしをRX7に捉えているのです。花火の後、セルシオのリアシートで彼の誘いに乗ったときから、わたくしは望月さんと2人のドライブを楽しみにしていたのです。
「そうですね。1つだけヒントです。ベイブリッジを渡りましょう。」
「横浜方面ね。」
「はい。でも、そこから先はまだ秘密です。」
第一京浜への信号で右折にウインカーを上げます。
望月さんはCDプレイヤーを慣れた手つきで操作します。いつの間にかスクウェアの軽快なインスツルメンタルが流れます。
音楽も空間も望月さんとの距離も、エンジン音も・・・いままで一度も味わった事のない親密な雰囲気が漂っていました。
「ふたりきりだと、ちょっといじわるね。望月さんたら。」
わたくしは少し拗ねた風に、口にしてみたのです。
「ふたりきりだと、祥子さんはかわいいです。」
「もう。」
はははは・・・ 信号が変わると同時に、望月さんはアクセルを踏み込みます。
22時近い第一京浜は、お盆のせいでやけに車が少なかったのです。白のRX7は軽快に走りはじめました。
望月さんは、セルシオを運転する時はどんな時でも安全運転でした。
でも、この車に乗ると少し変わる様です。
マニュアルシフトのFCは、タコメーターを見る限り少しだけピーキーなチューニングをされているようでした。そのかわり、横羽線に乗り、ベイブリッジに向かうころには、ロータリーエンジン特有の甲高い吸気音を感じさせてくれました。
「可愛がっているのね。」
船からみたレインボウブリッジの明かりも綺麗でした。でも、ぐんぐん迫ってくるベイブリッジの蒼い橋梁と横浜の港の夜景は、宝石箱のなかに紛れ込んだようでした。
その幸せな時間を、彼の車は一瞬で走り抜けます。
とても快調な走りに、わたくしは心地良い沈黙をやぶってぽつりと一言もらしてみたのです。
「祥子さんほどじゃありません。いつも身近に居る分、手を掛ける時間があるだけです。」
「ふふ、こんなに運転に夢中になっているんですもの。聞こえているとは思わなかったわ。」
「運転も祥子さんの次です。」
真面目な声で、望月さんたら・・・もう。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
ドライブの楽しさは、近しい距離ですぐ側にいるのに触れるに触れられず・・・交わし合う会話と同じ空気を共有することができることにあると思うのです。
望月さんの軽口。なかなか聞く事ができませんから、なにか新鮮ですね。
祥子 URL 2006/10/21(Sat)08:06:10 編集
祥子様
クルマに見合う運転は、乗っていて本当に心地よいものですね。
会話でこんなふうにじゃれあいながらのドライブなら、楽しさも倍増ですね♪
りん 2006/10/20(Fri)19:40:24 編集
敦子様
そんなふうに仰られたら恥ずかしいですわ。
セルシオはたぶん美貴さんのお好みなのでしょう。
RX7のそれもFCは、望月さんのこだわりなのでしょうね。
グラマラスなFDよりもFCを愛するあたりに彼の美意識を見る想いがいたします。
祥子 URL 2006/10/20(Fri)11:36:52 編集
祥子さま
フフフ、わたくしの憧れの望月さんがこんなにも祥子さまに夢中…

羨ましいですわ!

セブンもセルシオも良いお車ですわね。
望月さんは美しいものがお好きなんですね♪
敦子 2006/10/20(Fri)07:20:34 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]