忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

望月さんがポケットから出したのは・・・小さな卵形の玩具でした。
「やぁ・・・」
深夜のシティホテルでその玩具だけで潮を吹くほどに追い上げられた記憶が蘇ります。
「動かないでください。」
もう一度、跪いた望月さんは、ただ引き揃えられた2本の縄がくいこんでいただけの真珠に、その卵を押し当てて、縄で固定してしまったのです。
「あ・・・っ・・」
卵の分だけ、縄は一段とわたくしの秘めた場所に食い込むのです。
「もうぐっしょりと縄が濡れていますよ。祥子さんは、括られるのが好きなんですか?」
「ちがう・・わ」
「このままだと、着物を汚してしまいそうですね。」
「いやぁ・・・」
望月さんはポケットから出したハンカチをアナルの結び目の先に挟み込んだのです。
「これでいい」
立ち上がった彼は、わたくしの着物の裾を整えると、着物の合わせた裾からローターのコントローラーを出して・・・右の乳房の下にあたる帯に挟み込んだのです。
「許して・・・このままドライブなんてできないわ。」
わたくしの身体は、RX7の走行の振動だけでも感じてしまうのです。なのに股縄を掛けられて・・・結び目の瘤を2つの女の部分に押し込められ・・・そのうえ、動かされていないとはいえ真珠の上にはローターが置かれているのです。

「さあ行きますよ。助手席に乗ってください。」
望月さんがRX7のドアを開けます。
「はぁうっ・・・」
乗り込もうと身をかがめただけで・・・食い込みは一層きつくなるのです。このままスポーツタイプのシートに座り続けていなくてはならないなんて。
「シートベルトをしてください。」
「ぁぁ・・ん・・」
シュッ・・・運転席から身を乗り出して、望月さんがわたくしにシートベルトを閉めたのです。無造作に掛けられた幅広のベルトさえ、駐車場での痴戯に昂りきった乳房の先端を擦りあげ、快感に責め立てるのです。
「これで眠りそうになったら起こしてあげられますね。」
ヴゥゥゥ・・・っ
「ああっぁ・・」
一瞬の振動でしたが、レカロのシートの上で、わたくしは着物に包まれたからだを跳ね上げてしまいました。
「ゆるして・・・・」
「お仕置きだと言ったでしょう。祥子さん。それじゃ、目的地まで一気に行きますよ。ちゃんと起きて僕と話しながら行きましょう。」
ウインカーを上げながら、西湘南バイパスへと望月さんは白いFCを合流させてゆきました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
まさか望月さんがこんなことをなさるとは思いませんでした。
だって、お正月に二人で過ごした時はこんなことは嫌だっておっしゃっていたのですから。
わたくしにも彼がこの後どうするつもりなのかは全く解りませんわ。
いまは、この責めに耐えるだけです。
祥子 2006/10/24(Tue)23:27:20 編集
祥子様
そんな風に縄で縛られておまけに真珠にローターですか。
望月様は祥子様を独り占めにして・・・お仕置きまで課して・・・。
それでも祥子様は頂上へと追い詰めれていくのでしょうか。
そしてその後もどんなお仕置きになるのか・・・。
桜草 2006/10/24(Tue)23:18:58 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]