忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
27 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「綺麗ですよ。でも、あまりこうしていて祥子さんの白い肌を蚊に食われてもいけません。これ以上遅くなってもしんどいですからね。さぁ、行きましょう。」 望月さんが近づいてきてくれました。ここで着付け直せなくても、せめて胸縄は解いて、はだけた着物を元に戻していただけるのだと・・・わたくしは思っておりました。
なのに、望月さんはわたくしを車から一旦離れさせると車のドアを開けたのです。
「おねがい・・・解いて・・」
「だめです。こんなに濡らすんじゃ着物をだめにしてしまいます。このままで車に乗ってください。」 そして後ろにまわって、着物の後裾を背中にまわる胸縄に挟むと、丁寧に全体を整えはじめたのです。下半身を露にきものを絡げ上げた状態で。
「これでいい。さぁ、僕が手伝ってあげますよ。」
「やぁ、ほどいて・・おねがい・・」
「だめです。」 開いたドアへと回り込まされて、目にした助手席のシートにはタオルが1枚・・・敷かれていたのです。
「こんなに魅力的なフェロモンをまとわりつかせた着物を、知り合いの職人に預けて洗い張りにするなんてことできませんからね。汚さない様にこのままでドライブしましょう。それともこれ以上、誰が通るかもしれない道でこんな風に淫らな姿を晒していることに感じているんですか?祥子さんは」
「いやぁっ・・・」
「なら、言うことを聞いて下さい。」 さあ、と望月さんはわたくしの・・・露になった腰に手を添えて、レカロのシートに後ろ向きに腰を下ろさせたのです。
このまま、ここにこの姿で放置されたら・・・わたくしにはどうしていいかわかりません。膝をぴったりつけて、足先を揃え腰を中心に90度身体を回しました。

「まだ目的地までは、カーブの多い道が続きます。シートベルトをしておきましょう。」 ドア脇のステムについたシートベルトを引き出すと、望月さんはベルトを白い乳房の下を通すようにしてシート脇のストッパーに留め付けます。
「ドアを閉めます。」 わたくしは、まっすぐに前だけを・・・ヘッドライトが照らす白い闇を見つめていたのです。俯けば、露になったバストや、その下にはやはり露になった白い下肢が見えるだけなのです。俯いて、瞳を閉じていれば・・・望月さんにまた眠っていると思われてお仕置きをもっと重ねられてしまうかもしれません。
「・・・はい」 消え入りそうな声で返事をすると、望月さんは助手席のドアを優しく閉めてくださいました。
フロントガラスを望月さんが横切ります。
いつものように紳士的で優しく上品な年下の男性。いつもより少しカジュアルな装いが、彼を年齢相応の若々しさで彩るのです。
『僕は、赤い縄で縛り上げた祥子さんを見るのも好きなんです。でも、せっかくこうして二人きりになれたのに縛って無理矢理なんてことはしたくないんです。』
雪の別荘の帰り、彼はベッドの部屋でこんな風に言っていたのです。
あの時は縄など一度も見せることさえせずに、優しく抱いてくださったのです。なのに・・・今回は・・・
バン・・・望月さんが運転席に戻ってらっしゃいました。でも、シートベルトを締めることすらせずに、サイドボックスから何かを取り出したのです。
「もう一つお仕置きをしなくてはいけませんでしたね。」
「もう・・・ないわ。おしおきされなくてはいけないことなんて。」 わたくしには、望月さんが口にすることに全く心当たりがなかったのです。
「二人きりの時に、望月さんなんて他人行儀な名前で呼ぶからですよ。」 そう言うと、真新しい電池パックを開けたのです。帯に挟まれたコントローラーから2つの単三電池を取り出すと、新品の青い乾電池と変えたのです。
「や・・・もうだめ・・おねがい。」
「僕のことはなんて呼ぶんですか?」
「悠哉さん。」
「そうです。忘れないでくださいね。」
それじゃ、いきます。望月さんはサイドブレーキを戻すと、FCを深夜の山道へと戻したのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
ふふふ、恐れ入ります。
桜草様のように素敵な女性に見向いても頂けないと、望月さんのがっかりしてますわ。
「でも、祥子さんがライバルじゃ仕方ないですね。」ですって♪
祥子 2006/10/29(Sun)21:14:57 編集
祥子様
どんなお姿の祥子様でも好きですわ。
従順で淫らで綺麗で華やかで可愛くて・・・・・。
う~~ん。きりがないなあ。♪
桜草 2006/10/29(Sun)21:10:13 編集
桜草様
望月さんがこうされるには、きっと何か訳があるのでしょうね。
わたくしたちにはまだ解らない訳が。

桜草様がお好きなわたくしは、望月さんに従順なわたくしなのでしょうか。
それとも、縄を掛けられた無惨な姿のわたくしなのでしょうか。
祥子 2006/10/29(Sun)19:18:22 編集
祥子様
なんだが違う望月様を見ているようです・・・何回言ってるんだろう。(笑)
祥子様には申し訳ないけど、ますます祥子様が好きになりました。
う~~ん。なんとも言えない魅力にとり付かれるのは男性だけではないのですよ。♪
桜草 2006/10/29(Sun)08:02:33 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]