忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガチャ
「きゃっ!」
わたくしは、突然開いたリアドアの音に小さく悲鳴を上げてしまったのです。
「どうしましたか。祥子さん。」
「驚かせないで。びっくりしたわ。」
「ふふ 一体何に驚いたんですか?変な人ですね。この場には、祥子さんの他には僕しかいないのに。さぁ中に入りましょう。」
腕を括られたままのわたくしに、望月さんが手を貸してくださいます。
「ひとりで、できるわ。」
わたくしは恥ずかしかったのです。
つい先ほど驚いたときも・・・ショックで花びらから蜜を溢れさせてしまっていたのがわかったからです。1時間前に修善寺の山中でいまの姿にされてからずっと、車のシートに敷かれていたタオルにはわたくしの愛液で出来たはずかしい沁みが付いているに違いなかったからです。
「それだけ括られていたらバランスが取りづらいはずです。遠慮しないで、さぁ。」 望月さんの声には、セクシャルな雰囲気は全く含まれてはいませんでした。ただ、純粋にわたくしを気遣っているのです。
「わかりました。それなら、縄を外してください。」 わかっています、彼がいじわるを言っているのではないことくらい。それでも、羞恥からわたくしは少しわがままを口にしてみたのです。
「もちろんです。あまり長時間括ったままなのは良くないですからね。ここには温泉が引いてあります。縄を解いて、ゆっくりと浸かりましょう。」

紳士的な望月さんに、わたくしはこれ以上抗うことができませんでした。手を貸していただいて、助手席から立ち上がったのです。両手を縛められたままのわたくしは、反動で望月さんの腕の中へと身を躍らせてしまいました。
「あん、ごめんなさい。」
「いいんですよ。まるでお正月に雪の別荘でお迎えしたときの様ですね。」
思い出してしまいました。
女性運転手の結城さんの運転する車のリアシートで、東京から雪の別荘に到着するまでの間中、石塚さんと山崎さんに嬲られ続け・犯され続けたこと。先に別荘に着いていた望月さんに出迎えられ・・・嬲られた余韻を残した無惨な姿を見られてしまった時のことを。
「あの時も、ほんとうはこうして僕の腕で祥子さんを抱きしめて、庇いたかったんです。あの方達の手前・・・とても出来ないことでしたけれど。」
思わぬ抱擁に身を捩るわたくしの耳元に、また新たな告白を望月さんはするのです。
「ゆう・や・・?」
「さぁ、中に入りましょう。万が一こんな時間に通りかかるのが居るとすれば、たちの悪い連中です。そんな奴らに、祥子さんのこんな艶姿を見せるわけにいきません。」
まるで先ほどまでわたくしが脳裏に描いていた最悪の状況を言葉にされているようでした。
「それとも、僕ひとりじゃ物足りませんか?祥子さん。」
「いじわる言わないで、悠哉。」
「はい、わかりました。あっ、これは持って行かないと。」
そうして、助手席のタオルを取り上げたのです。わたくしの・・愛液の染み通った・・・バスタオル。
望月さんは、なんでもないかのようにリアシートからわたくしの手籠を取り出すと畳んだバスタオルと一緒に持って、わたくしを建物の中に導いてくださったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]