忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「やめて・・っ」 きつく合わせた着物の胸元、きつく掛けられた縄。そのどちらをも掛けた彼の手が、着物の胸元を力づくで大きく開いたのです。
「あぁっ・・」 押さえこまれていた乳房が、ガーゼの襦袢ごしに・・・堅く立ち上がった乳首をくっきりと現していたのです。
「ふふ、この景色もいいですね。祥子さんの白い肌がガーゼに透けて綺麗ですよ」
「あ・ぁん・・・」 望月さんの指がガーゼごと乳首を捻りつぶすのです。わたくしは快感に大きく身体を波打たせました。

ヴッ 唐突に、真珠を微妙な振動で嬲り続けていたプラスティックの塊が止まったのです。
「とうとう、電池が切れましたね。ローターで電池切れまで嬲られ続けてどうでしたか?祥子さん。」
「いゃぁぁぁ・・・」 望月さんはわたくしの答えを聞こうとしたのではないのです。上下の縄の間にただ1つ残っていた長襦袢の襟に手を掛けると一気に左右に開いたのです。
「良かったみたいですね。」 胸元の着物の襟を花びらのように整えながら望月さんはわたくしの答えを待つ事なく・・・決めつけるのです。
「ほら、こんなところまでじっとり濡らして。」 赤い2本の縄と4枚の着物の襟がつくる額縁の中に収まる様に・・・望月さんの手はわたくしの乳房に手を添えて引き出すのです。その指先は、白いGカップの乳房の谷間に差し込んだのです。
「祥子さんは汗にまでフェロモンが混じるようですね」 抜き出した指を、香水の香りを試す様に鼻先で振るのです。
「やぁ・・」 外は、エアコンで適度に冷やされた車内と違って、熱気に包まれておりました。その中でこれだけ破廉恥な行為を続けられたのです。羞恥に熱せられた肌は乳房だけでなくしとどに汗を吹き出させておりました。

「こっちを向いてください、祥子さん。」
「や・・・」 恥ずかしかったのです。いまのはしたない姿も、晒してしまった痴態も・・・。
「もっとお仕置きをされたいんですか?その姿のままここに置き去りにしましょうか。」
「だめっ・・」 そんなことをこの方がする訳がないと解っていても、置いて行かれるかもしれないという恐怖は、望月さんへと恥辱に濡れた瞳を上げさせたのです。
「綺麗ですよ、祥子さん。こんな縄掛けされ着物をはだけさせられた姿でも、あなたはとても綺麗です。」 望月さんは、2歩あとずさりヘッドライトの光の中に立っているわたくしをじっと見つめたのです。
彼に上品に着付けられていた綿布の一重は、無惨な姿にされておりました。
帯の上に掛けられた赤い縄は、男性の力で思い切り開かれ乱された襟元からは、こぼれる白い乳房を縊り出させ、左右に垂らした腕をも拘束しておりました。
胸元に掛けられた縄のうち、下の縄には絡げ上げられた着物の裾が挟み込まれていたのです。開いた裾の下は、漆黒の茂みに埋め込まれるほどにきつく赤い股縄を掛けられ卵型の玩具まで挟み込まれた白い下半身があらわになっておりました。縄とは別に玩具とコントローラーを繋ぐ細いカラーコードが、帯から茂みと縄の交点まで垂れ下がっているのもあまりに淫らすぎる光景です。
浴衣だからと素足のままで履いていた白木の下駄には、先ほど足首まで滴り落ちた愛液が薄黒い沁みを点けていたのです。

「おねがい・・みないで」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
はしたない姿ですわ。
こんな風にされるなんて・・・それも他の誰でもない望月さんに。
誰も通らないとはいえ公道上で。
わたくしの身体はあり得ない出来事に・・なお感じてしまっているのです。
祥子 URL 2006/10/28(Sat)12:11:36 編集
祥子様
胸元をはだけられて手の自由はなく、おまけに滴る愛液を抑えるハンカチもない・・・。
きっとヘッドライトに浮かび上がった祥子様の姿は望月様だけでなく桜草をもSに変身させるようなお姿だったのでしょうね。
桜草 2006/10/28(Sat)08:54:01 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]