忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「可愛い髪型にしてくれたのね。ありがとう。」
「車に乗っていただくのに、いつもの夜会巻きだと首筋がしんどいと思いまして。気に入ってもらえればうれしいです。」
「ええ、でもこんなに楽にさせていただいたらせっかくのドライブの間に眠ってしまうかもしれなくてよ。」
いつもながらの望月さんの手際に驚きました。
あっという間に、外出の準備がととのったのですから。
「こちらを使ってください。」 眼の前のゴールドの革のバッグを前に思案していたわたくしを見ていたのでしょうか。望月さんは、竹で編まれた着物用の巾着をわたくしに差し出したのです。
「ありがとうございます。」 煤竹と、着物の残り布で作られたおそろいの巾着は、まるで舞妓さんがお稽古に持ち歩くもののようでした。その可愛らしい風情にこころ踊らせて、パーティバッグの中の、ほんの少しの身の回り品を1つずつ移していったのです。
「さぁ、出発です。」
玄関から戻ってきた望月さんが、手を差し出します。左手で籠巾着を抱えたわたくしの右手を取ってくださいました。
室内のスイッチを1つずつ切って、玄関に戻ります。
そこには、わたくしのバックストラップパンプスの代わりに桐の下駄が用意されてありました。
先にローファーを履いた望月さんが、玄関に腰を下ろし下駄の鼻緒を広げてくださいます。そしてわたくしの足先にゆっくりと履かせてくださるのです。
「裸足でお出かけなんてひさしぶりだわ。」
「僕と二人なんです。リラックスしてください。」
つま先の桜色の爪にキスしかねない望月さんにそれとなく外出を促します。
「ありがとう、これもお揃いなのね。」 一歩踏み出した脚の鼻緒は、蜻蛉と同じ浅葱色だったのです。

1時間ほど前に二人で開けたドアの鍵を、二人で閉めて出掛けるのです。
「いってきます。」
パタンと・・・閉じた<806/Y.MOCHIZUKI>の扉に声を掛けたわたくしに、望月さんはやさしく微笑んでくださったのです。

2人で降りた地下駐車場で、わたくしは当然のように先ほど停めたセルシオに向かおうとしました。
「祥子さん、こちらです。」
そのわたくしの手を引いたのは、望月さんでした。
セルシオを停めたのとは違うブロックへと歩いてゆきます。
彼が立ち止まったのは、白のRX7の前でした。
「小さい車で申し訳ないのですが。」
運転席のドアを開けると、全てのドアのロックが外れる音がいたしました。
わたくしは、助手席のドアを開けたのです。
「ううん、ちっともそんなことはないわ。これってFCよね。」
「よくご存知ですね。いまはもうRX8になってますから随分古い車種なんですが、気に入っていて手放せないんですよ。」
するりと、いつものセルシオに乗るよりもスムースに運転席に乗り込んだ望月さんは、エンジンを掛けました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
RX7に想い出がおありでしたか。
車は単なる移動手段ではありません。
五感を揺さぶる乗り物ですから、記憶から離れてゆかなくても致し方ないとおもいますわ。
できれば、その想い出を少しでも幸せな方向へ向けてくださいませ。

まだ、どこにゆくのかわたくしにもわからないのですが・・・
祥子 URL 2006/10/19(Thu)22:44:54 編集
RX-7
実は、私の大好きなクルマです。
かつてお付き合いした男性の愛車でした。
あのスタイリング、あの疾走感、あのエンジンの音・・・とても好きです。

望月さんのことが気になってしかたがなかったのは、
プロフィールでこのクルマのオーナーであることを知ったからかもしれません。
このクルマの話をすると、今でも感傷的になってしまいます。
遠い昔のことですのに・・・だめですね。

私事に浸っている場合ではないですね(笑)
望月さんとお着物姿の祥子様とRX-7。
さあ、どちらへ?
りん 2006/10/19(Thu)13:04:44 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]