忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あぁぁぁっ・・・」 手の中で跳ねるような望月さんの塊と強引に引き寄せられた口づけは強烈でした。舌の根元から全て望月さんに吸い取られそうなほどに・・・きつくわたくしを貪りながら、やさしかった右の手は・・・先ほどまで悩ましくくねらせていた白い丘のひとつをきつく掴み上げたのです。
「んぁあ・・ゆぅゃぁ・・・」 焦らされて疼きを溜め込まれたまぁるい腰肉を、わたくしははしたなく彼の手に押し付けていったのです。
目覚めたばかりの無垢な身体は、昨夜の半露天風呂での絶頂の火照りを・・・望月さんの手でありありと思い出させられたのです。
しっかりと、閉じ合わせた太ももの間はすでにねっとりとしたぬめりに覆われていたのですから・・・。
「担当の先生の腕はいいんですか?」
「・・ん・ぇえ・・」 質問をしながらも、望月さんの右手の指は淫らな探索を止めませんでした。背筋を滑っていた指は、いまは白い丘の狭間を行き来しておりました。
「わかりました。それではこれからも担当の先生以外にはこの身体を・・」
「ぁうっ・・」 望月さんの中指が寝間着越しに姫菊を探り当て強く押し当てたのです。そこも、すでにわたくしの蜜でうっすらと濡れているはずです。寝間着を汚しはしないかと・・・そんなことさえ、頭をよぎったのです。
「触れさせないでください。いいですね。」
「はぁ・・ぃぃぃ」 昨夜赤い縄がずっときつく食い込んでいた姫菊は、柔らかな布の感触を敏感に感じ取っておりました。望月さんの主にはアナルコイタスの趣味がございました。でも、彼にはないはずです。

「祥子さんの声は響くんです。奥まったホテルのメインダイニングであの方達に嬲られている嬌声さえ、お帰りが遅いと心配して上がっていった僕の耳には聞こえたのですから。」 えっ・・・年末のメインダイニングの行為さえ・・彼に知られていたの?わたくしは身体を一瞬堅くしてしまいました。
「マッサージルームの薄いカーテン1枚では、きっと隣の先生やそこで治療を受けている男性患者にも聞かれているでしょう。このフェロモンが薫るような声が。」
「やぁぁ・・・ん・・・」 彼の指はまたつつっっっ・・・と背筋を上がって行ったのです。先ほどまでのセクシュアルな愛撫を身構えていたわたくしは、再び襲った柔らかな刺激に思わず悩ましい声を上げてしまったのです。
「声は仕方がありません。でもこの身体をほかの男性には無闇に触れさせたりしないで下さい。おねがいです。」 望月さんの両腕は、わたくしをきつく抱きしめたのです。
「ん・・くぅ・・・」 そのまま重ねられたキスは、彼との約束の口づけでした。わたくしはもう朴先生以外の方に・・・マッサージとはいえ・・・触れさせることはないでしょう。朴先生が治療をお止めにならないかぎり。
彼の若い嫉妬に、わたくしは愛おしさを覚えずにはいられませんでした。

キスの間も望月さんの塊は、ずっとひくひくと熱く堅く・・・脈打っておりました。そして、寝間着の前を合わせているはずなのにそこにはもうぬめる雫がにじんでいたのです。
なのに彼の手は、わたくしの背面しか愛撫してくれないのです。
感じやすく柔らかい腰肉も、あの瞬間強く揉みしだかれただけでした。
「ん・・・あ・・は・ぁん・・・」
首を背中を頭を・・・優しい指が這い回るのです。
まったくセクシュアルですらない触れる行為は、わたくしに信じられないほどの疼きを溜め込ませていたのです。昨夜、あれほど上り詰めさせられ続けたのにもかかわらず・・・わたくしはもう、この優しい愛撫に耐えられなくなっていたのです。
「おねが・い・・ゆぅや・・し・て・・・」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
そうですね。
それも通常でしたらあまりセックスの時に愛撫されない場所でしたら余計・・・。
桜草様にもご経験がおありなのですね♪
祥子 URL 2006/11/13(Mon)11:02:10 編集
祥子様
昨日とは打って変わっていいお天気・・・でも風が強いですねえ。

体のあちこちを触られるっていう行為は心を許したお方ならそれだけで官能の世界へと導かれるものですね。

「おねが・い・・ゆぅや・・し・て・・・」
この言葉が出るのは時間の問題でしたね。
桜草 2006/11/12(Sun)08:40:05 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]