忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あ・ん・・・」 動きを止めた望月さんは、わたくしの腰を引き上げる様にして蜜壷から塊をゆっくりと抜いてゆきます。動きを封じられたわたくしの花びらは・・・彼の昂りに縋る様にやんわりと包み込む力を強めてゆきます。わたくしの中から望月さんが去ってしまう、一瞬の行為のことでしたがわたくしはいいしれぬ切なさに包まれていたのです。
「はっ・あぁああ・・んん・・・」 抜けてしまう寸前で・・・望月さんは一気に、わたくしの腰を膂力にまかせて引き下ろし、一層太さを増した塊を突き上げたのです。そのまま、7時間前に石塚さんに犯された時、やはり長谷川さんへの嫉妬に昂った彼の塊にすら抉られることのなかった最奥を・・・すべらかなアールを描く望月さんの塊がぐね・り・・と捏ねるのです。
「あぁ、ゆぅ・やぁぁぁ・・・」 繰り返されるその動きに、わたくしは喘ぎを堪えることができなくなっておりました。一回目よりは二回目、二回目よりは三回目。その度に打ち込まれる塊は前よりも深く深くわたくしを抉るのです。
「いいですか?祥子さん」
「あぁぁ・・いい・・いぃのぉぉぉ」
「ここですか?」 ぐね・り・・と滑らかで表面はやわらかなのに芯は熱した鉄でできているかのような望月さんの先端が、わたくしの子宮口をこじあけるように動くのです。
「あぁぁああん・・いぃぃぃ」 身内を駆け抜ける快感にわたくしは再び身を反らせ四肢までも強ばらせてしまったのです。望月さんの肩から離れ宙に浮いたわたくしの手を、彼はがっしりと掴み留めてくれたのです。

ずっと・・・わたくしはずっと・・・今夜日の出埠頭に迎えに来て下さった望月さんにお逢いしたときから、彼にこうされることを望んでいたのです。それは、雪の別荘の帰りと同じに望月さんのお部屋のベッドでだと思っていたのです。でも、望月さんは嫉妬に駆られ、数時間のドライブの間わたくしを縄の技術で括り・潮を吹くまで玩具で嬲り続けたのです。
石塚さんがわずかな残滓すら残していないとわかっていても、情交を交わしたばかりの身を望月さんに愛されるのは・・・いやだったのです。ですから性急にわたくしを求めない彼にほっとしたのも確かでした。

「動いてなくても、我慢できませんか?」 軽く達してしまったわたくしに、今度は蜜壷に力を漲らせた望月さんの塊を含ませたままで、じっと抱きしめてくださったのです。どちらも、身動きはしないのに・・・わたくしの蜜壷ははしたなく、彼の塊を奥で中程で・・・そして花びらの側で蠢く様に締め付けていたようです。
「だって・・ゆうやぁのぉぉ・・ひくひく・・するのぉぉ」 大きく開いた半露天の浴室の窓からは、夏の深夜の海の香りのする風を届けてきます。それでも、この時期の気温は、上半身をほとんど湯から出しているわたくしを冷やしたりはしなかったのです。まだ、窓の外は闇が支配しておりました。
「このまま、逝きたくなってしまいました。部屋でゆっくりと思っていましたが、いいですか?」 わたくしを抱きしめている望月さんが耳元で甘い誘惑を囁くのです。
「いかせて・・ぇ・・・ゆうやぁぁ・・・いかせてぇ・・・」


「立てますか、祥子さん。」
「え・え・・」 ざぁぁっ・・・ 望月さんの手がわたくしの腰を引き上げました。同時に彼も・・・立ち上がったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
愛されているときは、わたくしを抱いて下さる方のことしか考えたりいたしませんわ。
その前にだれと一緒だったりしても。
その方のことを考えられないなら、お付き合いしなければいいだけですもの♪
祥子 URL 2006/11/07(Tue)23:44:08 編集
祥子様
「だって・・ゆうやぁのぉぉ・・ひくひく・・するのぉぉ」

なんて言ってみたい。
望月様とそういう風になりたかった。
石塚様に愛された後だったけど望月様はそんなにも祥子様の心の中を支配されているのかしら?
桜草 2006/11/07(Tue)21:55:17 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]