忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「・・・んんぁ・・ぁ」 望月さんの中指は温泉の中でもなおぬめりをたたえる花びらを愛で、人差し指は車の中の行為でぷっくりと膨らんだ大きな真珠を捏ねるのです。その上、右手の親指はいまではきれいに揃った茂みを確かめるように丘の上を踊るのです。
「ぁや・・ぇ・・ぁぁ・・」 わたくしの背中を支える左腕の先・・・大きな望月さんの左手は、湯にぽわんと浮かぶGカップの左の乳房をいらうのです。くつろいで、大きく立ち上がった鴇色の先端は容易に彼の指に捉えられくりくりと中指と親指の二指が揉み込むのです。
「・はぁぅ・・んぁ・・」 望月さんのキスは、半年まえのベッドの上での記憶以上に官能的でした。肉厚の舌は昂った塊のようになって、甘く感じるほどの唾液と共に・・わたくしの舌に添い、上顎も歯の根も全て・・・犯しつくすのです。二人の喘ぎは互いの口腔に吸い込まれ、新たな蜜を流し込まれた様に互いの身体を蕩けさせていったのです。
「・・ぁぁ・・ぅるぅ・・し・・ぇぇ・・」 彼の右手が送り込む快感から少しでも逃れようと寄せ合わせる膝は、望月さんの長い脚に絡めとられ思う様に閉じることさえ許していただけません。
「あぁぁぁ・・・ぁあん」 逃れられない快感にわたくしは大きく背を弓なりに反らせてしまったのです。わたくしの身体は迫り上がり・・ストレートのロングヘアを全て水没させてしまうほどに後頭部まで湯に触れたのです。

「まるで、祥子さんの香りの温泉につかっているみたいですね。」
「いやぁん・・」 望月さんはわたくしの身体をあと90度・・・彼と向き合う様に回したのです。そして、それまでただ一カ所責められることなく、湯の表面に漂い続けていた右の乳房をはぁむぅっと咥え、口中でねぶりはじめたのです。
「ぁあっ・・・だ・め・・ぇぇ・・」 わたくしの声など聞こえないかの様に、望月さんは咥えたままの乳房でわたくしの上体をご自分に引き寄せると、檜の浴槽に長身の彼の身体を伸ばしたのです。
「祥子さんの場所はここです。」 ご自分のポジションが決まるなり、両腕を伸ばしてわたくしの腰を掴むのです。はじらいに閉じようとする脚を開かせて望月さんの身体を跨がせると、くっきりと立ち上がった塊の上にわたくしの花びらをあてがったのです。
「あっ・ぁぁあぁ・・・」 望月さんは、わたくしの腰を動けない様に捉えたままで触れていただけのすんなりと形のよい昂りをわたくしの中に突き入れたのです。数時間の間淫楽に浸され続けながら、満たされることのなかった蜜壷は、温泉よりも熱い塊をゆるゆると飲み込んでいったのです。
「ゆぅやぁ・ぁぁ・・・」 
「ああ、いい・・・祥子さん、なんて」 わたくしの腰をがっしりとホールドしたまま、望月さんは下から突き上げ始めたのです。浮力を生かしたその動きは、浴槽の中央で何も掴むところのないわたくしに、湯の中の望月さんの肩に縋る方法を選ばせたのです。
ちゃぷ・・・ちゃぷ・・ざぁぁぁ・・・ちゃぷ・・ざざぁぁ・・・
桜色に染まったGカップの乳房から上だけをお湯から出したわたくしは、たふふ・・たゆん・・・と二つの熟れた丸みを望月さん眼の前で動きに合わせて揺らしてしまうのです。それと同じだけ檜の浴槽の中の湯は揺れ・溢れ出すのです。掛け流しの湯は、激しい動きをつづけるわたくしと望月さんの二つの身体をそれでも優しく包み続けてくれたのです。

「そんなに、締めたらだめです。」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
今宵はどうぞわたくしになって・・・望月さんと
一夜をお過ごしくださいませ
祥子 URL 2006/11/07(Tue)00:12:33 編集
祥子様
はあ・・・望月様に愛される祥子様が羨ましい。
欲しい・・・私も欲しい。
はしたなくてごめんなさい。
桜草 2006/11/06(Mon)23:20:03 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]