忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「さすがにのぼせてきました。でも、部屋までは我慢できません。」 向き合う様に立ったわたくしの向きをくるりと変えると、望月さんはわたくしの手を浴槽の縁に付く様にさせたのです。
萎えて落ちそうになる脚を、彼の腕が引き立てます。わたくしの長い髪は、白い背に墨蹟のように貼り付いておりました。
「・・っく・・」
「ああぁぁっ・・・」 
ちゃぷ・ちゃ・・ちゃぷ・ちゃ・・ 立ったまま突き出したわたくしのまぁるい腰を開いた望月さんは後ろから・・・抽送を始めたのです。
「いい ですよ。ああ、いい祥子さん。」
「はぁぁん・・いいのぉぉ・・・ゆう・やぁぁ・・いいのぉぉ・・」 わたくしの声はあられもなく淫楽に彩られておりました。露天風呂の切り取られた窓の闇がその声を全て吸い取ってゆくようです。
パン・パン・パン・パン・パン・パン・・・
ちゃぷ・ちゃ・・ちゃ・じゃぁ・・じゃぁ・じゃぁ・・・
あん・あぁ・・ぁあは・ぁぁん・・あ・あっぁ・・ぃぃ・・・
温泉に浸かり続けていたわたくしの身体は、望月さんの前に突き出した大きなヒップさえ桜色に染まっていたことでしょう。白く薄い皮膚には、いまは赤い縄ではなく望月さんの大きな手指が痛いほどに食い込んでおりました。その温泉に濡れた肌に望月さんの腰が茂みを擦り付けるほどにぶつけるリズミカルな音と、浴槽から溢れはじめた温泉の音と・・・わたくしの喘ぎ声が淫らに絡みあうのです。

「いい、バックの祥子さんはうっ・・なんていいんだ。」
「はぁうっ・・」 望月さんの両手が、先端だけを湯に付けたわたくしのGカップの乳房を掬い取ります。きつく掴んだその腕をぐいと・・・ご自身に引き寄せたのです。
「見て、祥子さん。見るんだ」 わたくしは何を言われているのか・・・最初は解らなかったのです。ぐぅんと太さを増した望月さんの塊に、わたくしは理性まで蕩けさせ、花びらからは湯ではない・・・ぬめる愛液を太ももへとしたたらせていたのですから。
「あぅっ・・・」 両の乳首を同時に摘まみ上げられて、わたくしははじめて望月さんのおっしゃることがわかったのです。
「やぁぁ・・・ゆぅやぁぁ・・・」 見つめた正面の壁は洗い場用にと浴槽の高さから上を80cmほどの高さのガラスが覆っていたのです。
そこには、望月さんにバックから犯されながら太ももの中程から上を浴室の月光のような明かりに晒し・・・Gカップの乳房を指から溢れるばかりに握りしめられた淫麗な女の姿が浮かんでいたのです。
「こうしていると、祥子さんを もっと感じさせたくなる。もっと 乱して 何もかも忘れさせるくらいに 逝かせたくなる。」 望月さんの抽送のスピードは変わらないのです。身体を密着させている分だけ・・・より深く・・わたくしは抉られているのです。
あは・ぁぁん・・あ・あっぁ・・・
「あの方達が、一緒に祥子さんを愛そうとする気持ちがわかるような気がします。あの3人の方がいらっしゃれば今の祥子さんのここも・・・」 望月さんの指で左の乳首が捻りつぶされます。
ぃぃ・・いぃのぉぉぉ・・・ゆぅやぁぁ・・・
「こっちも・・・」 今度は右の乳首を引き延ばすのです。
「ここも・・・」 乳房から離した右手を茂みの中・・・真珠に向かって伸ばすのです。
い・ぃ・・やぁぁぁぁ・・・
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]