忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
01 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13 2006 / 05
「この前の時、あの首輪の痕があまりに可愛そうだったからね。」 この方と数日を過ごす間、わたくしの首には赤い大型犬の首輪が着けられておりました。大型犬用として用意されたその首輪は、お別れする時には・・・わたくしの白い喉にくっきりと赤い痕を2本刻んでいたのです。
「祥子用に探して来たんだよ。」
「・・・ありがとう・・ござい・ま・す」 わたくしは恥辱を与える道具に対する行為なのに・・・思わず御礼の言葉を口にしてしまいました。
パリ。ずっとご連絡もしないまま3月の初旬ごろにいらした場所のはずなのに、まだわたくしを思っていて下さったことが嬉しかったのです。
「随分と素直だな。」 高梨さんは目の前のカップの冷たいコーヒーを飲み干しました。
「本当だったんですね。」 わたくしからの連絡を待っていた事・・・そして少なくともわたくしのことを考えていて下さった事は。
「嘘なんか吐かないさ。」 ほんの短い言葉なのに・・・深く響く高梨さんの声。
彼を見つめてこくん・・と一つ頷くわたくしに、首輪の鈴がり・・りん・・と音色を添えるのです。
 
「さ ここの桜は飽きたから、桜並木でも散歩しようか。」
「はい」 日が翳りはじめたテラス席はほんの少し寒くなってきていたのです。
「コートの下に何を着てきたんだ? 見せてごらん」
「これですわ」 わたくしはコーヒーの最後の一口をいただくと、膝掛けを畳み・・・コートの釦を外して、黒でまとめたニットとデニムスカートの装いをお見せしたのです。
「そうか。じゃぁ、散歩の前に一軒買い物に付き合ってくれ。」 伝票を掴むと先に立って、ショップの並ぶ建物の中へと歩いて行かれたのです。
 
春物のあでやかな色の商品が並ぶショーウィンドウを眺めながら、彼がわたくしを連れていったのはインポートランジェリーの専門店でした。
「こちら?」 この方がランジェリーを・・・
「あぁ 買うのはランジェリーじゃないけどね」
いらっしゃいませ・・声を掛けてくださるスタッフを制して、高梨さんが向かわれたのはナイトウェアのコーナーでした。
 
まるでドレスと間違えそうな・・・美しいオーガンジーやレースやトリコットのフルレングスのナイトウェア。
「いつ見ても、こちらの商品はきれいね」
「祥子さんは普段はこんな感じだろう」 高梨さんが手にされたのはシルクトリコットのシンプルなノースリーブのナイトウェアでした。
「ふふふ 良くお判りね」
「この肌は夜な夜なシルクと男の手で磨かれてるんだな ははは」
「もう いやな人」 わたくしが、艶話に近い会話に照れ笑いを返すころ、彼の手がハンガーに吊るされているものから一つの商品を選び出しました。
「これでサイズは大丈夫かな?」 ストレッチサテンにストレッチレースがふんだんに使われたフルレングスの桜色のネグリジェとガウンのセットでした。まるで花嫁が初夜に身に纏うような・・・ナイトウェアでした。
「ええ 多分」 付いているタグはいつもわたくしが選ぶサイズだったのです。
「試着させてもらおう。」 お願いします と高梨さんはショップのスタッフに声を掛けました。
「試着しなくても・・・大丈夫よ」 わたくしは小声で高梨さんに伝えました。
「いや、似合うかどうか確認したいね。着てみてくれ。」 
「お客様 こちらのブースをご利用ください」 案内された試着室はスペースをゆったり取った場所でした。 有無を言わせぬ高梨さんの視線に押されて、わたくしはバックストラップのパンプスを脱ぐと、試着室に入ったのです。
「お着替えが済まれましたら、お声がけくださいませ。」 慇懃に頭を下げたスタッフと共に高梨さんも試着室から出てゆきました。
 
わたくしは、ガーターストッキングとパンティだけの姿になり・・・ネグリジェを身に付けました。優しい色合いなのに・・・胸から腰までのラインだけをくっきりと浮かび上がらせる・・・インポートならではのセクシーな造りです。
そして、ふんわりと優しいセットのガウンをまとうと・・・ブースの外に向かって声を掛けたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様・yamatan様
桜草様

語り尽くすのにお時間が掛かってしまった初雪のせいで
桜のお話がこの時期になってしまいました。
一ヶ月ほど前のある土曜日の午後の出来事をどうぞお楽しみください。

わたくしの物語・・・桜草様の御期待に添えないことがあって
本当に申し訳なく思っております。
こんな過ごし方もあると、寛容にお楽しみいただければ幸いです。


yamatan様

東京も思った以上に肌寒い一日になってしまいました。
昨日はわたくしのほうこそありがとうございました。
フランス租界はいかがでしたか?
またお話を聞かせてくださいませね。
5月13日 18:06
祥子 2006/08/28(Mon)16:42:25 編集
祥子様
今日は上海でも寒いです。 昨日は楽しいひとときを過ごせました。
ありがとうございました。

縄の使い方を勉強してからお会いしたいですね。

5月13日 17:35
yamatan 2006/08/28(Mon)16:41:48 編集
祥子様
今日は雨が降って少し肌寒いですね。

桜草の首輪は真っ赤なのですが、高梨様のご用意されたのは桜色なのですね。
綺麗な桜色がお似合いになる祥子様・・・この先の時間を想像してしまいます。

桜陰と書いて「ハナカゲ」・・・桜草の好きな夜桜の中での・・・

いえいえ・・・止めておきましょう。
祥子様のお話に余計な思い込みはいけませんね。
5月13日 12:03
桜草 2006/08/28(Mon)16:41:14 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]