忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 2006 / 05
「これが・・・わたくし?」
「ああ 此花咲耶姫もかくや・・だな」 
「もう 恥ずかしいわ。こんなに年齢の行った女神もありませんでしょう?」
「ははは でもそうでもないんだよ。日本の八百万の神々はね、年齢なんてものは超越した存在だからね。年ふりて益々妖艶な神が舞い降りたかのようだよ。」
「それじゃわたくしは妖怪みたいね」
わははは、そうだな・・・豪快に笑う高梨さんはとても楽しそうです。
「こうしてカメラに閉じ込めておかないと、祥子は薄情でメールも寄越さないからな。休日にまで写真に振り回されるのはこりごりだが、いいだろう。こんな写真くらい僕の手元に残してくれても。」
こんな話の間に緩い上り坂の桜並木にたどりついたのです。

坂の一番下に立ち、行く先を見上げるわたくしの視線からは・・・満開の桜は青い空を薄桃色に染めているようでした。
「ここがこんなに綺麗な季節に来たのは初めてだわ。いつもは青葉のころばかりだから。」 都心の並木道です。上野のように花の下に屯しての花見をする人たちはおりません。ゆっくりとそぞろ歩くか・・・通り沿いのカフェの窓からゆっくりと外の景色を楽しんでいらっしゃる方達がほとんどでした。
「そうか 誘って正解だったかな」
「ええ ありがとうございます。うれしいわ」
「それじゃ、コートの前の釦を全て外してごらん」
「えっ・・・ここでですか?」 坂の入り口の大きな桜の樹の下の建物と樹のわずかな死角に桜を背にわたくしは立っていました。
「この坂を登ったところが僕の部屋だ。そこまででいい。コートは羽織ったままでいいから、釦を全て外しておいで。」
コートの下は・・・スリップとガーターベルトとパンティだけなのです。
釦を止めたコートの裾から覗くスリップだけならなんとでも言い訳は出来たでしょう。でも・・・上まで全て開けてしまえば・・・Gカップの胸元は鴇色の乳首をはっきりと透かせて・・たゆ・ゆ・・と一足ごとに揺れてしまうのです。
「おねがい。そんなはしたないこと出来ないわ。」
「ん・・くぅ・・」 首を振るわたくしの頤を捕まえると高梨さんは乱暴に唇を重ねたのです。満開の桜の下・・・ごつごつとした桜の樹皮に背を押され・・・荒々しく奪われる久しぶりの唇は春の日差しの下での背徳感をわたくしに与えたのです。
「美味しいよ 祥子。」
「ゃぁ・・こんなところで」
「そうだな。ちょっと気が変わった。祥子に選ばせてあげよう。」 高梨さんの指はわたくしの右の耳朶へと動いてゆきます。
「ここからコートの釦を全て外して僕と離れてレジデンス棟まで上がってゆくか、それとも桜の樹3本に一度今みたいにキスをしてくれるか、どちらがいい?」
品なく飲酒をする人たちがいるわけではありません。でも、だからといって人目がないというわけではないのです。大人の、それもきっと目立つであろう男女が並木を3本数えるごとにディープキスを・・・まるでセックスそのもののようなキスを交わすなんて。
「もちろん、キス1回ごとに1つずつ釦を外させてもらうよ。レジデンスに着いたら16階の僕の部屋までエレベーターの中はコートを取り上げる。」 彼の小指がわたくしの耳穴を意味ありげにまぁるく撫でるのです。
「コートの釦を全て外してゆくなら、レジデンス棟の中でコートを取り上げるのは勘弁してあげよう。さぁ、どちらを選ぶ?」
わたくしは、本当に困ってしまったのです。どちらも・・・どちらもわたくしを羞恥にまみれさせるためだけの行為だったからです。
「ん? 祥子、どっちがいいんだい?」 耳に掛かるロングヘアを掻き上げると耳朶に唇を這わせるのです。
「ん・・やぁ・・・」 カメラをポケットにしまい込んだ右手は、薄いスプリングコートの上からわたくしの乳房の先端を探り当て・・・くりくりと・・・嬲りはじめるのです
「ぁん・・だめ・・・」
「早く決めるんだ、祥子」
「・・・んん・・キス」 どちらかと言われて・・わたくしはキスを選ぶよりありませんでした。あきらかにランジェリーにしか見えないインナーを晒しながらはるか先にあるレジデント棟まで多くの方の視線に耐えて歩くなんて、とても出来なかったからです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]