忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2006 / 05
「失礼いたします。 あら、お客様にぴったりですね。とてもお似合いです。」 スタッフが試着室のドアを開けるとわたくしを見て、予想通り・・・と言った風な声を上げます。
「身長もおありですから、この丈を充分に着こなしていただけますわ」 165cmの身長は、フルレングスのナイトウェアを辛うじて着こなすことが許されていたのです。日本人の女性の平均身長でこれを身に着けると裾をひきずってしまい、諦める方も多いのですよと・・・付け加えます。
しなやかに身体を包むナイトウェアのラインに、この手のものとしては華奢だとはいえ・・・革の首輪の存在の異質さが際立っていました。スタッフの女性は気づいていないはずはないのに・・・こういった高級店ならではのお行儀の良さで見ないふりをなさっているのでしょう。
「どれ」 スタッフに声を掛けて高梨さんが試着室を覗き込みます。
ドア一枚の空間から、スタッフは一歩下がりました。
「おお 本当に似合うな。悩ましいラインで悩殺されそうだよ。」
「いやだわ。はずかしい・・・。」 フォトグラファーの高梨さんの眼にわたくしの姿はどう映っているのでしょうか。
「これをもらうよ。」 スタッフが控える後を振り向いて高梨さんはそう告げます。
ありがとうございます・・・スタッフの明るい声と他のお客様に声を掛けられて試着室から離れてゆく靴音が聞こえたのです。
 
「祥子」 試着室のドアを大柄な身体で塞ぐ様に立つと、高梨さんはわたくしを<しょうこ>と呼んだのです。
「・・・はい」 鏡越しに視線を交わしていた彼に向き直ります。
「着て来た服を僕に渡すんだ。」
「えっ・・・」
「コートとスリップは着ていいよ。後のものは商品と一緒に包んでもらうから」
「だめ・・そんなこと」 ここは試着室です。すぐ外には、お店のスタッフと他のお客様がいらっしゃるのです。声を顰めるしかありません。
「祥子 さっき僕にそれを着けさせたお仕置きだよ。これ以上抗うならパンティもスリップも取り上げる。その方がいいのか?」
「だめ・・」
「黒の服だからどうかなと思ったが、祥子のことだからきっと今日は桜色のランジェリーを着けていると思った。予想通りだよ。さぁ、渡してさっさと着替えなさい。」 ショップの中に2つしかない試着室をいつまでも占領しているわけにはいきません。わたくしは諦めて、シルクニットとブラックデニムのスカートを高梨さんの手に渡しました。
「それも寄越しなさい。」 彼の視線は桜色のハーフカップブラに注がれています。
「おねがいです。勝手に着けたりしないから・・・これを包んでもらうのだけは許して。」 ここはランジェリーショップなのです。商品としてこちらのものに劣るものではなくても、ランジェリーの一つであるブラを一緒にとは言えません。
ましてあの女性スタッフは・・ニットとスカートを一緒に包んでくれと渡された時点で・・・高梨さんとわたくしがしていることに気づいてしまうでしょう。桜色の首輪を無視したのと同じ慇懃さでわたくしに起きていることを無視して二人を送り出す彼女に、このGカップの乳房までもがあらわにされているとは知られたくなかったのです。

「こうして、仕舞っておきます。それに触れればわかってしまうことですから・・・。ね、おねがい。」 わたくしはブラを取り上げるとカップを重ねる様にしてたたみ、桜の花のジャガードのバッグに潜ませたのです。
「ふふ しかたないな。次に逆らったら、人前でそのバッグからブラを取り出してみせるからね。見た人は祥子が自分からはしたない露出をしてみせている厭らしい女だと思うだろうからね。」 あぁ こんなことまで責めの道具にされてしまうのね。
「はやく着替えなさい。待っているよ。」 そう言って内側がガラス張りになったドアを閉めると高梨さんは店内に戻っていかれました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
桜草様には高梨さんの思惑がおわかりだったのですね。
とても高価なナイトウェアと引き換えのこのお仕置きが
これからわたくしをどれほど苛むのか
まだ想像もつきませんわ
5月14日 20:19
祥子 2006/08/28(Mon)16:43:31 編集
祥子様
試着室に入るって時点で何かを感じたのですが・・・
そうですか、取り上げられてしまいましたか・・・

祥子様の素敵なお体を独占できるなんて・・・高梨様が羨ましい
5月14日 8:58
桜草 2006/08/28(Mon)16:43:10 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]