忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21 2006 / 05
「あと釦は3つだね。桜は何本かな」
「あんな風になさったら・・・だめ・・で・す」
「あんな風?」
「人のいるところで・・・あんなキス」 わたくしは思い出しただけで身内を走る快感に頬を染めながら答えたのです。
「選んだのは祥子だよ。もう一つの方を選んでいたらきっともう僕の部屋に着いていたのにね。」 たしかにそうかも知れません。ただ、コートの釦を全て外して・・・歩くだけ、それも早足でもよかったわけですから。
「でも・・・」
「いいけどね、ぼくは。祥子の白い胸元を眺めながらこの道を歩いてゆけるんだから。」
「だめ・・っ」 第二釦まで開けられたコートの胸元を空いている左手で押さえたのです。
「だめだよ。手を離しなさい。スリップのレースがまるでドレスみたいできれいだよ。祥子、もっとお仕置きをされたいのか。」 そこまで言われて・・・わたくしは仕方なく押さえていた手を・・・離したのです。
 
「そろそろ次の樹だね」 その桜はオフィスビルの入り口にありました。
休日の今日、そのビルの入り口は内側にブラインドが下ろされ・・・少し入り組んだファサードが外からの人目を少しだけ遮るような構造になっていたのです。
「ここだね」 わたくしの手を引くとファサードに導いたのです
そして第三釦を外すなりコートの胸元をはだけると・・・スリップのレースの上からわたくしの乳房の先端を含んだのです。
「だめ・・・ぁぁあ・・」 サインボード替わりの黒い大理石の壁は、丁度高梨さんの身長くらいの高さでした。わたくしたちを隠しながらも、開いた上部に伸びた枝から、桜の花びらが・・・はらはらと舞い込むのです。
 
「キスをしてるだけだよ。」 再び顔を伏せられた時には、堅くそそり立った鴇色の昂りからは、驚きと共に与えられた最初の刺激の倍以上の淫楽が流れ込んできたのです。
「や・・ぁ・・・」 コートを開かれた左の肩先が冷たい大理石の壁面に触れます。なのにその冷たささえ・・・この快感から逃れる助けにはなりません。
「こんなキスを強請っている姿を見られたいのかい 祥子」 押し殺せない声を・・・あざ笑う様に高梨さんの声が胸元から響きます。
「ん・・・ぁ・・ぁぁ・・ねだって・・なんか・・なぁ・いぃぃ」 手の甲を唇に押し当てても・・敏感なGカップの乳房とその先端に加えられる刺激は・・・わたくしの声を淫らに震わせるだけでした。
「祥子が自分で選んだから僕が付き合ってるだけだろう。だからこうしてキスしてるんだ。祥子がねだっているのと同じだろう?」 まだコートに覆われている右の乳首を指先で嬲りながら・・・言葉でまでわたくしを追いつめます。
「やぁ・・ぁぁ・ちが・う・・」 高梨さんが課したお仕置きです。決してわたくしがねだったわけではないのです。抗がいの声も・・・高梨さんの乳首へのキスが羞恥と快楽に染めてゆきます。
「何を言ってる。自分でキスしてもらいやすいようにわざわざ外したんだろう、このブラ。」 わたくしのバッグの端に手を入れて・・・桜色のオーガンジーのブラを引き出すのです。
「ぁぁぁ・・・だめっ・・」 
高梨さんの唾液が繊細なオーガンジーを濡らしてゆきます。4月の外気に冷たくなる範囲は次第に広がってゆくのです。
「ゃ・・ぁ・・」 言葉嬲りの間に冷やされてますます堅くしこり立つ先端を、高梨さんの熱い唇と舌が覆い・・ねぶるのです。
繰り返される熱と冷たさは、この行為が屋外で行なわれているのだと快楽の合間にわたくしに思い知らせるのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
最近のファッションにはスリップドレスなんて・・・わたくしの目からみたら
ランジェリー同然のものもあるようです。
一見、そう・・・かつての娼婦が着ていたような彩りの服装。
白い肌も露にあのような衣装を不特定多数の方の目に晒すのは、
とても慎みのある行為とはいえませんわ。
人目につかない部分だからこそ美しいものをまとう。
その贅沢感は、女性を美しくしますのに・・・ね。
5月22日 13:07
祥子 2006/08/28(Mon)16:48:23 編集
無題
レエスのスリップをドレスに見たてる見識に、激しく同意!です。^^
あんなに優雅な衣裳が、どうして人目にさらされることなく用いられるのでしょうか。
・・・もったいないですよね?^^
5月21日 23:12
柏木 2006/08/28(Mon)16:48:07 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]