忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 2006 / 07
「ああぁぁん・・やぁぁ・・ちが・・ぅぅ・・のぉぉぉ」 ずん・・容赦なく突き入れられ子宮に当たってもなお奥へとねじ込まれようとする塊にわたくしは気をとられていたのです。
いつのまにか・・・田口さんの目の前にあったスカートのウエストがはずされ・・ファスナーも引き下ろされていたのです。
「祥子さんを正常位で犯したくなりました。今夜はあなたの逝き顔を見せていただきますよ。」 そう言うなり身体を離し、わたくしのウエストからスカートを引きずりおろしたのです。
「こちらです。」わたくしの上半身を立たせて・・・膝までスカートを落とすと・・わたくしを仰向けに押し倒し足先からパンティとスカートを抜き取ってしまわれたのです。
「脚を開くんです!」 引き寄せた両膝に手を掛けると、とても強い力でわたくしの脚を左右に割るのです。
「やぁぁぁ・・・・」 わたくしの抗いの声と同時に、窓の外に稲光が閃きました。
「相変わらず綺麗な花びらをしていますね。」 一瞬の閃光はわたくしの蜜にまみれた真珠と花びらを田口さんの脳裏に焼き付けるには充分過ぎたようです。
「綺麗な花ほど散らしたくなる。」 ゴロゴロ・・・数秒遅れた雷鳴が合図だったように・・蜜にまみれた塊を一気に押し込んだのです。
「あうっ・・ぁぁぁぁ・・・」 節くれ立った塊はわたくしの中程で一度止まり・・・締め付けたその場所をねじ開く様にして・・・入り込んでゆくのです。
「明かりのないのが残念ですね、祥子さんの顔がよく見えない。」 田口さんはさきほど一度止まった場所を・・・何度も繰り返しこすりたてるのです。
「はぁうぅぅっくぅ・・だめぇ・・そこぉぉぉ」
「ここですね。バックからだとよくわからなかったですが、祥子さんは数の子天井なんですね。ここ、ほら、締め付けるから余計に擦れるんですよ。」
「やぁぁぁ・・・」
「視界が閉ざされていると触覚が敏感になる。ああ、いいですよ、祥子さん。うっ・・・また締めて。」 大きく張った田口さんの塊の先端が快感にひくつくわたくしの蜜壷を・・・全ての場所の感触を確かめるかのように抉ってゆくのです。
「ぁぁぁああ・・だめぇぇぇ・・・」 深く・浅く・・・抜き差しの速度が上がってゆきます。わたくしも田口さんと同じなのです。視界を塞がれて・・・雨の籠ったような湿度に肌を囲まれて・・・田口さんの大きな身体に・・大きな手に・・大きな塊に身体を開かれ・押し込まれて・・・どんどん追い込まれていったのです。
「ゆるして・・ぇぇ・・・はぁぁぁ・・いい・・・」 微かに開いた眼に雷光と違う明るさが窓から差し込んでいることに気付いたのです。
「ああ、電源が回復したみたいですね。まもなくホテルの人間がくるでしょう。そろそろ、逝かせてさしあげます。」 わたくしのカットソーを引き上げると・・・サテンのブラを引き下ろして・・・Gカップの白い乳房をまろびださせるのです。
「いやぁぁぁ・・・みちゃ・・だめぇぇ・・・」
わたくしの快感に乱れた表情を確かめると、無言のままで激しく奥までの抽送をはじめたのです。
「あぁぁぁ・・・いっ・・いっちゃうぅぅぅ・・・」 衣服とランジェリーに挟まれても白い乳房は、田口さんの律動にはしたなく震えるのです。
「そう、逝くんです!祥子さん。 逝きなさい!逝け!!」 子宮をずんずんと突き上げてくる塊が・・・わたくしの一番敏感な奥を・・・蜜音を響かせながらかき回すのです。
「ああああ・・・いくぅぅぅ・・・」「逝く!」 突き上げた先端からしたたかに放たれた真っ白な精がわたくしの胎内をゆっくりと染めていったのです。  

 
「どなたか、おいでになりますか?」 建物の戸を軽くノックする音が聞こえました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
もう・・・そんな風にご想像になったらだめですぅ。
はずかしいですわ。
まるで桜草様にまで犯されているようですわ。
7月26日 0:54
祥子 2006/08/28(Mon)17:30:04 編集
祥子様
一瞬の閃光の中で輝く蜜にまみれた真珠と花びら・・・・見たかったなあ
真珠はぷっくりと膨れ、花びらは蜜で光り、花びらの奥へと導くが如く秘壷の口は
ぱっくりと開いていたのでしょうねえ。

逝く顔をみながら犯すなんて・・・田口様に激しく犯されて逝ってしまわれたのですね



7月25日 21:47
桜草 2006/08/28(Mon)17:29:45 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]