忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 2006 / 07
「さぁ、私が着せてあげましょう。」 田口さんの手にはわたくしのTバックが握られていたのです。
「だめ・・・自分でいたしますわ。」
「私が脱がせたものは、私が穿かせてあげますよ。」 恥ずかしい・・・形に広げられたランジェリーの内側を見られたくなくて、わたくしはスリップで腰元を被うと・・・立ち上がって田口さんの前に脚を運んだのです。
「あぅっ・・・」 後ろ向きに立つわたくしに・・・ウエストを引き上げると、Tバックを食い込ませる様にして穿かせてくださいます。そしてまくり上がったヒップの丘にきつく口づけをなさったのです。
「見てると何度でも挑みたくなる身体ですね。流石に今夜は身体がもちませんが、一晩中でも可愛がりたいですよ、祥子さん。」
「・・・あん・・だめ」 わたくしは彼の手を逃れると、足元にあるスカートを取り上げて田口さんに背を向けると、素早く身につけてしまったのです。

 
「よかったです。祥子さんは記憶にあった以上に最上の味でした。満足したはずなのに、もう・・・口にしたくなるほどね。」
「やぁん・・・」 田口さんの触れるだけの軽い口づけにさえ、わたくしの身体はまだ反応していたのです。
「それ以上おっしゃったら、わたくし田口さんのお店に伺えなくなってしまいますわ。」 髪の乱れを撫で付けると、ほんの少し前のご一緒にお食事をした姿に戻っておりました。
「そんなつれないことを言わないでください。お許しが無い限りは、今度こそ紳士的に振る舞いますから。」 足許に置かれたままの田口さんのコットンジャケットは雨を吸い込んで・・・重くシワになっていました。
「ごめんなさい。ジャケット貸していただいてしまって。」 衿を掴んで一振りすると、袖たたみにして腕に掛けてしまわれたのです。今夜はもうシャツスタイルでお帰りになるしかないかもしれません。
「いえ、祥子さんの香りの染み込んだジャケットですからね。しばらくこれであなたのことを思い出させてください。」 わざと鼻先で香りを確かめる田口さんは思わせぶりな上目遣いで・・・身動きできなくなっていた先ほどのわたくしを思い出させるのです。
「そんな意地悪をおっしゃるなら、やはり美貴さん達とご一緒の時だけしか伺わない事にいたします。」 踏み石に揃えられたパンプスに足を通して、お待ちになっている田口さんに寄り添いました。
「できれば、ぜひお一人でお越しください。」 おどけた風に礼をする田口さんの頭にはグランシェフのコック帽が見えたような気がいたしました。
「さぁホテルに戻りましょう。さすがに、気が利くな。置いて行った傘は1本だけです。祥子さん、どうぞ。」
わたくしは小雨の降る庭園の道を、田口さんと腕を組みながら一つの傘でホテルまで戻ったのでした。
 
 
 
祥子からの手紙ー13
 
こんにちわ。祥子です。
この夏は梅雨が長引いておりますね。
日本の梅雨らしいひっそりとした雨ではありますが
反面、スコールの様な雨も増えて・・・
なんだか、風情が欠けてきているように思えてなりません。
 
蛍の舞う夜は、思わぬ方とご一緒の時間を過ごすことになってしまいました。
あのあと、田口さんはわたくしを自宅までタクシーで送ってから
ご自分もそのタクシーでお帰りになりました。
「このスーツで電車っていうわけにはいかないからね」 そう仰って。
そして
「今度はぜひ私の店でお逢いしましょう」 そうも言い残していかれました。

嵐のような激しさと深い感性をお持ちの方。
またいつかシェフと顧客としてではなく
一人の男と女として、ご一緒することが・・・あるのでしょうか。

 
穏やかな休日の午後。もう蛍のいないあの庭に行ってみようと思います。
夏の緑滴る・・・あのお庭に。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
祥子様
お疲れ様でした。しっかり楽しませていただきました。
祥子様の物語を読ませていただくと、ふと自分ならって思ってしまいます。

梅雨明けが遅くなっていますね。
でも今日の太陽は桜草をしょんぼりさせるには十分でした。
祥子様のお話を読んで復活です。うふふ。

次のお話も楽しみにしております。
酷暑が始まります・・・ご自愛下さいませ。
7月27日 21:11
桜草 2006/08/28(Mon)15:49:41 編集
次回作まで
シェフの田口さんが登場した<蛍火>。いかがでしたか?
天候にまで翻弄された短編。楽しんでいただけましたでしょうか。

次作は<銀幕の向こう側>を予定しております。
準備まで数日頂戴いたします。
再開は週末ごろを予定しております。
いましばらくお待ちください♪
7月27日 6:06
祥子 2006/08/28(Mon)15:49:12 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]