忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 2006 / 07
「でも、タオルもありませんし、こんなに濡れていたら畳をだめにしてしまいます。このまましばらく雨宿りしまし・・・」 この敷地にある以上、ホテルの施設なのです、なんの許可もなく建物を利用することにわたくしは抵抗を憶えたのです。
 
ガラガラガッシャ・・・ン・・ガラッシャン・・・・ 
「きゃっ・・・」 強い光と耳を聾するような音が同時に・・そして立て続けに襲ったのです。隣に戻られた田口さんに、わたくしは思わず縋り付いてしまいました。
「大丈夫ですよ、祥子さん」 わたくしを強く抱きしめた田口さんは耳元で・・・やさしく・・声を掛けてくださったのです。左手は、レースのフレアスカートに包まれた腰に這わせながら。
「ごめんなさい、わたくしったら・・・」
ガラガラガッシャ・・・ン・・ 
「きゃ・・」 不用意に田口さんに預けてしまった身体を引き離そうとしたときです。先ほどよりひと際大きな雷が・・・三重塔の近くに落ちたのです。
二人の周囲に控えめとはいえあった照明が、ふっと・・・一斉に消えました。
「やっ・・・」 都心の安全なホテル内の庭園にいるのです。なにも怖がる必要などないのに、それでもわたくしは闇に包まれることに恐怖心を憶えてしまったのです。
我が身を引きはがそうとしていた田口さんの胸に、ふたたび縋り付いてしまったのです。

「大丈夫です。ホテルの本館は停電していませんから。庭の電気系統だけがショートしただけでしょう。雨が小降りになれば直に修復されます。それに、ほら・・・」
田口さんが指差された先の地面に、それこそほんとうにとびとびですが非常用の明かりが・・・まるで蛍火のようにうすくぽっとついたのです。
「ごめんなさい、あんなに酷い雷。びっくりしてしまって・・・」 まだ雷の音は去っていませんでした。時折思い出した様に漆黒の空に稲光が走り、数秒後には大きな雷鳴がいたします。その間隔は少し開きはしたものの、まだ充分に大きなものでした。
雨は、一層強く降り続いています。
ホテルを出た時のあのまとわりつくような湿度は、この雨の予兆だったのでしょう。
「ほんとうに、ごめんなさい。」 
「祥子さん、そちらに行ったら濡れますよ。」 身体を離そうとしたわたくしの腰を、田口さんの腕は許してはくださいませんでした。がっしりと抱かれた身体は身動きもままならないほど彼の身体に密着していたのです。
「おねがい・・・」
「さ、中に入りましょう。食事をしている時から我慢してたんです。さっき腕を組んで歩いた時に触れた祥子さんのバストの感触で年甲斐もなく発情してしまいました。」
「やぁぁっ・・・・」 田口さんの左手は一旦は離したわたくしのフレアスカートを再びたくし上げはじめていたのです。

 
「どうせ誰も来ませんから、ここででもいいですよ。雨に閉じ込められた野外でこんな風に身体を密着したまま祥子さんを嬲るのも一興です。」 右手はわたくしの肩に・・・傾げた首はわたくしの右耳を舐るかのような至近距離で・・・淫らな提案を口にするのです。
「だめっ・・・」 バタバタと叩き付けるような雨の音が、わたくしの抗いの言葉を打ち消してゆくようです。
「ふふ、今夜もガーターなんですね。それなら余計ここででも充分ですよ。あぁ、あの夜と同じTバックで、こんな仕事関係の集まりの時でさえこんな扇情的なランジェリーを身につけるのですか祥子さんは。」
「ちがう・・の・・・あぁぁっ・・・」 清純なほんのりとピンクがかったパールのランジェリーセットは、今日の慎ましやかな装いのために選んだものです。パンティのカットは大胆だったけれど・・・決して淫らな目的で選んだわけではありません。
すっぽりとスカートの中に入り込んだ田口さんの手はわたくしの露になったヒップを上質な食材の鮮度をたしかめるかのように・・・撫で回すのです。
落ちてくる雨同士がぶつかるあまりの激しさに・・・霧状になった水滴がわたくしの太ももにも・・・スカートをたくし上げられたむき出しの腰にも・・・まるで好色な男性の視線のようにまとわりつきます。

 
「あの時も、窓外に淫らな姿を晒されただけで蜜を滴らせていましたね。祥子さんは露出好きなのかな。誰も来ないとはいっても、こんなとこで下半身を晒して感じてるんですか?」
「いやぁ・・・ちがうわ・・・」 あの時は・・・ホテルの26階でした。周囲にほとんど同じ高さの建物のない・・・メインダイニングの窓にわたくしを括ったのはこの方なのです。
「私はね、結構好きなんですよ。このままここで祥子さんにこれを入れたくってうずうずしてるんです。」 そう仰りながらわたくしの腹部に押し付けられた塊は・・・もうすっかり猛々しく昂っておりました。
「夜目にも祥子さんの肌ならまるで蛍の光みたいに白く光ってみえるでしょうね。その腰を露にここで照明が回復するまで嬲らせてくれるんですか?」 あぁ・・・わたくしったら・・・なんて不用意に・・・この方とご一緒してしまったのだろう。つい先ほどまであんなに紳士的だったのに。
「だめ・・・っ・・」 ふるふると首を振るわたくしの後頭部を押さえて、今度は最初から淫らな口づけをなさったのです。
「挑発したのは、祥子さんです。その声で、その慎ましやかな姿で、Gカップのバストの感触で、淫らなあなたの体臭で。このまま何もなしでは帰しません。ここで立ったまま犯しますか?それとも中に入りますか?」
「おねがい・・・中で・・・」 
ガラガラ・・ガシャ・・ン・・ わたくしを抱きしめたまま建物の中に連れてゆく田口さんの向こう・・・庭園の中へ・・またひどく近くに雷が落ちたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
ようやく雨があがったと思いましたら
物語の中は雷雨が襲ってしまいました。
このまま・・・なんてわけありませんわね、こうなった田口さんが。
年末のあの夜だって我慢したり諦めたりはなさってくださらなかったのですもの。
7月22日 17:43
祥子 2006/08/28(Mon)17:28:17 編集
祥子様
やっと雨が上がりました。ほんの少し太陽がのぞいています。

田口様との静かな時間が進んでいたかと思ったら・・・・
雷のせいですね。

ピンクがかったパールのランジェリー・・・素敵な色ですねえ。
祥子様の白い肌にお似合いになる色なのでしょうか。
そう・・・・暗闇で蛍の光の如く光かもしれないその白い肌に・・。

「ふるふると」っていう祥子様の表現大好きです。
切ない目をして見上げて・・・「だめっ」って言いながら
でも何かを感じている・・・・はあ 感じちゃう。
7月22日 10:19
桜草 2006/08/28(Mon)17:27:52 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]