忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「わかった。待っていなさい。」 男性はわたくしの隣に寄り添っていた身体を起こすと、煌煌とついていた部屋の灯りを少しずつ落としていったのです。
次にわたくしの側に戻って来た時には、先ほどわたくしが男性を括ったあのシルクスカーフを手にしていたのです。
ベッドの上の男性のバッグを、壁際のソファーに置くとわたくしの頭を彼の膝に載せたのです。
「信じて、くれるね。」
ブラックのメタルフレームの眼鏡が似合う男性の眼をみつめながら、わたくしはこくんと頷きました。

次の瞬間、わたくしの視界は柔らかな闇に覆われました。
先ほど男性の手首を括ったシルクスカーフが、わたくしの目元に巻き付けられたのです。
「きつくないかい。」
「はい。」 男性に視界を奪われた不安よりも、わたくしは子供の様に泣きはらした眼を見られることがなくなったことに、ほっとしたものを感じておりました。
「嫌な事や、不快なことがあったら言うんだよ。決して無理強いはしないからね。」
「はい。」 わたくしの後頭部に手を添えると、ベッドヘッドから引き出した枕をあてがってくださったのです。
「ありがとうございます。」 少し楽になった体勢に、小さな声でお礼を付け加えたのです。
「君はいいこだね。」 わたくしの頭を少女に対する様に一撫ですると、ベッドから降りられるのがわかったのです。

ギ・シ・・・ 次にベッドが小さくきしんだのは、わたくしの脚元でした。
なんの言葉もないままに、男性の手が黒のレースに覆われたわたくしの膝に置かれました。
「君が貞淑なのは、この膝を触れただけで良く解るよ。」 膝小僧をまあるく男性の手が撫でるのです。
「人目のある電車の中でさえ、だらしなく膝を開いて座る女性を見ているとどんなに美人でも誘う気も起きない。その女性の下半身だけでなく貞操観までもが緩んでいる気がしてね。」 男性の手は右の膝から左の膝へと動いてゆくのです。
「でも、君は違う。ベッドに横たえられて、私に身をまかすと決めているのにきっちりと力を入れて両脚を揃えている。私しか見るものがいなくても。貞操観と羞恥心が欠けている女性に、どうしてもMとしての魅力を感じられなくてね。」 男性の手がゆっくりと膝から離れてゆきます。
「力を抜いてごらん。不安なら少しづつでいい。」 男性の手が触れたのは膝の裏でした。
「そう。いいこだ。少しだけ膝を立ててごらん。君が楽にいられるくらいでいいからね。」 膝を立てる・・・男性の座ってらっしゃる場所が解らないのです。スカートのまま膝を立てるというはしたない行為を、わたくしは躊躇しました。
「大丈夫だよ。このくらいなら、辛くないかい。」 男性の手がわたくしの左膝をほんの少しだけ押し上げます。
「はい。」 脚を開くことは出来ずに、わたくしは膝頭をつけたまま両脚を男性の言う高さにまで上げたのです。柔らかな素材で出来たスカートが、ずり落ちることのない・・・その高さは、わたくしを安心させました。
「いいね。動くんじゃないよ。」 レースと膝の間に男性の手を感じたと同時に・・・つ・つっ・・っとスカートがたくし上げられていったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
ナカハタさんと仰るこの男性がお気に召してくださいましたか。
ただ映画館で隣に座っただけの男性ですが、不思議な魅力のある方なのです。
いつか、桜草様の前にも・・・現れるかもしれませんね。
祥子 URL 2006/08/10(Thu)23:28:56 編集
祥子様
こんばんは。
今日の桜草は祥子様のお相手の方に身を任せたい気分です。
祥子様と桜草ではあまりにも女性としての全てが違うのですが・・・・。
物語の中ででもいい・・・
そんな想いです。
桜草 2006/08/10(Thu)23:01:28 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]