忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「きっと、私でなければ気付かなかったはずだ。それほどに綺麗に装いと同化していたから、黒のレースのランジェリーだと思ったんだよ。」
「ぁっ・・・」 ぷちっ・・・ 第一釦がループから外されるのがわかりました。
「そうこの藤色。君が着ていたカーディガンと同じ色だったね。」
「はい・・」 ようやく男性の言葉が独白なのか質問なのかが・・・少しずつわかってきました。問いかける時は、存在感のある男性の言葉の終わりがわたくしの顔に向けて直接投げかけられるからです。
こんな僅かな言葉の違いは、きっと目隠しをしていなければ気付かないままだったことでしょう。こうして時間を過ごすごとに・・・肌だけでなく、聴覚までがいつも以上に敏感になってゆきました。
「ふふ はじけそうだね。」 ぷちっ・・・ Gカップの頂きの中央にあった第二釦が、言葉通りはじけるように・・・はずされました。
「・・・・」 一方的に視線に晒されてゆく恥ずかしさに、わたくしはふるふると首を横に振ったのです。
「綺麗だよ。キャミソールまで揃いのものを身に着けているんだね。最近はブラジャーの上にそのまま衣服を身につける女性も多いが、こういう時私の期待を高めてくれるのは、君のような慎ましやかな装いをしている女性のほうだよ。」 ぷちっ・・・ 第三釦が外れました。ランジェリーにつつまれた乳房にそっとよりそっていたレースとデシンは、ラッピングが開かれる様に・・・ふっとわたくしの腕の上に落ちてきたのです。
この方は、どれほどの女性のこんな姿をご覧になってきたのでしょうか。
「みないで・・ください。」 衣服を乱されてゆくその過程を男性に見つめられるいたたまれなさに・・・苛まれておりました。
「謙遜することはない。こんな風に着衣を乱されても、君には<端正>という言葉が似合う。<端正>だからこそ、もっと乱したくなる。」 ぷちっ・・・ 第四釦が外されました。もうスカートのウエストラインまでもこの方の眼にさらされていることでしょう。そんなはしたない姿になっているなら、いっそブラウスの最後の釦も外してしまってください・・・とわたくしは、思わず口にしそうになって・・・慌てて下唇を噛んだのです。

男性の手は藤色のサテンに包まれたわたくしの腹部を、揃えた指でやさしく触りはじめました。
「だ・め・・・そんな・・ところ・・」 わたくしは、2度の言葉で封じ込められていたにも関わらず、身を捩るようにして・・・男性の手から逃れようといたしました。
お若い女性とは違うのです。筋肉の上には柔らかな脂肪が・・・年相応に乗っているのです。決して男性に誇る様に晒して、愛撫をねだる場所ではありません。
「動くんじゃない。いや、どうせ私の手からは逃れられないんだ、そうして動いて君の筋肉のしなやかさを私に味合わせてくれてもいいんだよ。」
「ゃぁぁっ・・・・」
「多くの男に、いや誤解を招くといけない。少なくとも私にとったら・・・と言い換えた方が正解かもしれないが、薄くて・堅い身体にはあまり興味がない。筋肉の動きを柔らかなボディランゲージに変えるこの身体は魅力的だ。ぴったりと胴を覆う藤色のサテンが、君の身体の起伏をいっそう鮮やかに私に教えてくれているよ。」 男性のこの言葉に、わたくしは身を捩り男性の手から逃れることさえ・・・諦めざるを得ませんでした。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
たくさんのコメントありがとうございます。
この物語・・・お気に召していただけたようですね。ほっといたしました。
この男性の眼も手も・・・まるで柏木さんの一部のようなものかもしれませんわ。
祥子 URL 2006/08/17(Thu)13:39:56 編集
無題
><端正>だからこそ、もっと乱したくなる。
うぅぅぅぅ・・・
ツボです。このセリフ。^^

羞恥を含んだ貴女のしぐさも表情も。
彼にとってはまたとないご馳走なんですね。
柏木 2006/08/16(Wed)22:48:37 編集
桜草様
カテゴリーのこと、ありがとうございました。
アップさせていただくときにうっかりとしておりました。

この男性は、なにかが違うのでしょうか。
それとも、涙を流していたわたくしへの同情なのでしょうか。
不思議な方です。
祥子 URL 2006/08/13(Sun)09:14:32 編集
PS.
カテゴリーが「ごあいさつ」になっています。
余計なお世話でしたか・・・^^
桜草 2006/08/13(Sun)08:54:38 編集
祥子様
はあ~とため息が出てしまいます。
この相手の動きと言葉・・・優しさの中の強さ。

【端整】ではなく【端正】なんですね。
言葉一つ一つにいろいろな想いがあって、勉強させられます。
祥子様・・・愛おしい方です。うふ♪
桜草 2006/08/13(Sun)08:53:33 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]