忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あっ・・・」 わたくしは思わず両脚に力を込めてしまいました。そうしても・・・スカートの動きを止めることが出来ないと解っていても。
男性はわたくしの動揺に気付いていたことでしょう。なのに、手を止める事無く、ガーターベルトの留め具のあたりまでスカートを引き上げていったのです。
太ももの露になったあたりに、エアコンで心地よく冷やされた空気が触れたのです。
「やっぱりガーターで吊っていたんだね。このストッキングはシルクかい。」 男性の指はストッキングと太ももの境目を右脚からゆっくりと辿ってゆきます。
「は・・い・・」
「肌に陰影を加えるだけのような上品な黒にはなかなかお目にかかれないからね。それに、こうして何も無いはずの日常からガーターベルトを愛用している女性にもね。」 暖かな指は左脚へと動いてゆきます。わたくしはほんの少し身じろぎをしてしまいました。
「動くんじゃない。」 柔らかくまあるい声は叱責すらも優しくわたくしの心の底に届けるのです。視界を奪われたいま、わたくしが男性を確認できるのはこの声とわたくしに触れる男性の指の感触だけなのですから。
「言う事を聞かなかった罰だよ。」 男性の指は一旦太ももから離れると、たくったスカートの中程をつまみ一気に脚の付け根までまくり上げていったのです。
「ゃぁ・・・」 今日はスリップではなくキャミソールを選んでいたのです。いつもならスカートの下、もう一枚わたくしの身体を覆うべきランジェリーが今夜に限ってなかったのです。
「藤色のサテンに黒のレースだね。ストッキングの黒とあいまって、君の白い肌が一層綺麗に見える。ランジェリーはいつもセットなのかい。」 男性は指一本触れてはおりませんでした。ですが・・・わたくしの太ももを・・その狭間を覆うランジェリーを見つめるその視線を感じずにはいられませんでした。まだブラウスに覆われた胸元にも這った視線は・・・目隠しをしたわたくしの顔へと、答えを求めて登ってきました。
「・・・はい。」 自ら身に付けているランジェリーを告白するような恥ずかしさに、目隠しの下になった頬を赤らめてしまいます。
「そんなに恥ずかしがらなくていいよ。素敵なことだ。こうして装いの下のランジェリーまで日常的に気を配れる大人の女性はなかなかいない。」 捲り上げられたスカートの前裾だけを、男性の指はもう少し引き上げます。そんなにされては・・・ガーターベルトとパンティが・・見えてしまいます。
「・・・ぁん」
「黒のレースとのコンビなんだね。私はてっきり黒のレースのランジェリーなのだと思っていたよ。ランジェリー姿の君が見たくなってしまった。」
「ゆるし・・て」 このままの姿でも充分に恥ずかしいのです。なのに・・・ランジェリーだけの姿を早々に晒さなくてはならないなんて・・・わたくしはまだ、はい とは言えませんでした。
「いいね。その羞恥の表情、それに声までも染まっているよ。こんなに艶めいた羞恥にまみれた声はそうそう聞けるものじゃない。」 ギシ・・・ 脚元から男性の重みが消えてゆきました。

わたくしは、軽く膝をまげスカートをたくし上げられた姿勢のままでじっとしておりました。
男性は室内履きすら脱いでいるようです。ホテルの室内は、敷かれたカーペットのせいで足音も聞こえません。どちらにいらっしゃるのか、まったく解らない男性の、それでも熱い視線だけは感じ続けていたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
ストッキングの表現は、わたくしではとても柏木様には勝てませんわ(笑)。

<淑やか>に久しぶりに正体のわからない男性が登場しました、
お名前をちゃんとお呼び出来ない男性。
こちらへのお引っ越し作業をしながら、あぁ・・そういえば<淑やか>の最初はこんな男性達との出会いだったなぁと感慨深く思い返しておりました。
祥子 URL 2006/08/17(Thu)13:32:53 編集
無題
>肌に陰影を加えるだけのような上品な黒
ウフフン。実際に見てみたくなるような表現に遭遇しました。^^
こういうときって、なんかすごくトクをしたような気分になりますね。

観察眼に富んだ男性。
初夜の花嫁は腑分けをされる心持ち。。。という古い川柳を思い出しました。^^
柏木 2006/08/16(Wed)22:39:47 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]