忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウエストに何かが・・・きっとローターのコントローラーが・・・挟み込まれました。
「脚を閉じるんだ。」 先ほどと逆の命令です。
それでも、男性の目の前で脚を開いたままで立っているという姿に抵抗があったわたくしは、さっ・・ときつく脚を閉じたのです。
「ああっ・・・やぁ・・・」 合わせられた太ももは・・・振動するプラスティックの塊をより強く真珠に押し付ける役割しか果たしませんでした。突然の快楽にわたくしは淫らに腰を突き出し・・揺らしてしまったのです。
少しでも楽になりたくて、少しだけ脚を開こうとしたのです。
「膝を緩めるんじゃない。君はそんな女じゃないだろう。初めて逢う男の前で、秘めておくべき場所をいつまでも平気で晒せるような、そんな女じゃないね。」
「・・・は・い」
「私に証明してごらん。どんなに堕とされても淫らな仕草などしないプライドの高い女だと。」
「ぁぁぁぁ・・・っく」
「そう、もっときつく脚を閉じるんだ。さっきベッドの上で私の手を拒否したときのように、ね。」
「・・はぁぁん・・あぁぁ・・」 わたくしは自らの貞操観と男性の仕掛けた玩具の快楽の両方から責め立てられておりました。
いままで、淫らな姿を晒せと命じた方は数多くいらっしゃいました。
でも・・・こんな風に、わたくしの想いを逆手に取って責められた方ははじめてだったのです。

「ご褒美を拒否しようとした罰を与えないといけないね。」 男性の左手がわたくしの右肩に掛かる2本のストラップを同時に引き下ろしたのです。
「やぁっ・・・」
「ほぉっ、見事な大きさだね。最近はランジェリーにパッドを入れて胸を底上げしてみせる女性も多いが、君の場合はこのカップにさえ押し込んでいるようだね。」 男性の濡れた・・・先ほどわたくしの茂みの中にまで差し入れられた・・・指が、立ち上がったはしたない乳首をなぞります。
「あぁぁ・・・ん・・」 玩具の振動で与えられた快楽は、わたくしのランジェリーに押し込められた乳房へも間違いなく這い登っておりました。
「サイズを教えてほしいね。何カップなんだい?」 今度はその淫楽に答える様に、男性の指が新たな刺激を・・強弱を付けて送り込むのです。
「はぁぁ・・ぉ・おねがい・・です。ゆるして・・・」
目隠しをしたままでも・・・いまのわたくしの姿がどれほどにはしたないものなのかは想像がつきました。
藤色に黒のレースがトリミングされたキャミソールも・ブラのカップも右側だけが乱暴に引き下ろされているのです。そこからまろび出た白い乳房・・・。
「GかなF以上なのは間違いなさそうだ。いいね。東洋人ならではのつつましい乳暈ときっかりとした乳首。この大きさの乳房をみたら、西洋人のようなもっと大きなものを想像させられるが、幸せな裏切りだね。」 くちゅ・・男性の舌が乳首の上を這ってゆきます。
「あぁぁっ・・・」
「ふふ、敏感だね。より好ましい。ここはどうかな。」 ちゅぅぅ・ぅ
「やぁ・・ぁぁぁ」 男性の唇が乳房の谷の乱されたランジェリーに埋もれる際に吸い付きねぶるのです。
「色白だから、くっきりと紅い印が付くね。きれいだよ。」 ビィィィ・・・ 言葉を終える前に・・プラスティックの玩具の振動を強めたのです。
「はあぁあっ・・やぁぁあ・・・」
男性の右手は、わたくしの肩を押さえつけたままでした。左手だけが露にされた乳房から首筋・・・そして喘ぎの止まらない唇へと気まぐれに動き回るのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
この男性は・・・とても女性の身体をご存知なのでしょうね。
そしてS性も兼ね備えてらっしゃる。
そうでなければ、こんなには・・・追いつめられたりしないはずですもの。

こちらのテンプレートは、msn淑やかな彩ファンのためのものです。このピンク色が好きな方はたくさんいらっしゃるのですよ♪
祥子 URL 2006/08/26(Sat)18:03:36 編集
祥子様
おはようございます。

貞操観が祥子様の膝を閉じさせる。
でもそれによってさらに淫らな状態になる。
本当に不思議な方ですね。
淫らな姿を晒さず、でも追い詰めていく。
声になりません。

こちらの背景も好きです。ピンクだもの♪
桜草 2006/08/26(Sat)08:40:12 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]