忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
27 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「まぁいい。さぁ、まだ途中だよ。早く祥子のランジェリー姿を見せなさい。」
グランドピアノの椅子の背に、わたくしの衣服を掛けるとご自身はまるでそこが指定席だとでも言う様に、再び腰を下ろされたのです。
「僕を見て!」 スカートに隠されていたシャツの6つ目の釦を外そうと視線を下ろした時です。長谷川さんから厳しい声が飛んだのです。
「いつものように、女王様然としてこちらを見るんだ。できるね、祥子。」
わたくしは改めて背筋を伸ばし、凛と表情を引き締めて・・・長谷川さんを見つめ・・・そのまま釦を外していったのです。
全ての釦を外し、肌触りの良い超長綿のメンズシャツをわたくしは白い肩から落としたのです。暖められているとはいえ、直接素肌に触れる馴染みのない空気にさっと肌が粟立ちました。

「きれいだ。本当に祥子の白い肌には上質でかっちりと強い色のランジェリーがよく似合う。」 長谷川さんが室内にいくつか置かれた工事用の照明を直接わたくしに向けられたのです。
強い光は熱を含んで、わたくしの肌を真っ白く浮き立たせました。
「まぶしいわ。あなたが・・見えない。」 言葉通り、わたくしの視界は指向性の強い工事用の照明に白く霞み、長谷川さんの姿を見失っていたのです。
「隠そうとするんじゃない!」 わたくしは一人きりにされたような心細さとランジェリーだけの姿から思わず胸元を腕で覆ってしまったのです。長谷川さんの強い声にびくっとして、ふたたび腕を最初のように身体の側面に垂らしたのです。
ペルシャ絨毯は黙々と自動演奏を続けるピアノの音と相まって、長谷川さんの靴音をほとんど完璧に殺しておりました。まっすぐ前を見るわたくしの視界は強すぎる光に遮られて、そのあまりの眩しさにいつの間にか軽く瞳を閉じていたのです。
しゅるっ・・・・ 聞き覚えのある縄を捌く音が左のソファーのあったあたりからするのです。
しゅっ・・・しゅる・・ 長谷川さんは、以前お逢いした時も綺麗に縄を束ねて管理をされていらっしゃいました。そして、それを使うときだけ束になった縄を解き、二つ折りにして捌くのです。

「お仕置きだよ。祥子。」 長谷川さんが明かりの中から姿をお見せになったときには、彼の手には2本の黒い縄が握られておりました。
「おねがい・・おしおきは・い・や・・・」 猿臂を伸ばすと、後ずさるわたくしから掛けたままになっていた眼鏡を取り上げたのです。ピアノの譜面台にツルをたたんで置くと、大きな歩幅で一気にわたくしとの間合いを詰められたのです。
「手を貸しなさい。」 長い1本の縄を肩に掛けると、もう一本の縄の二つ折りにした輪の部分を持ってわたくしに近づかれたのです。
長身の長谷川さんが持たれていても、縄尻は黒革のブーツによりそって蛇のようにとぐろを巻いているようでした。
「ゆるして・・」 また一歩後ずさったのです。この限りある空間から逃れることはできないと解っていても、お仕置きだと口にされるこの方に素直に従うことは・・・できませんでした。
「あっ・・・」
「手間の掛かるお姫様だ。」 あと一歩間合いを取ろうとわたくしが思ったのと、長谷川さんの大きな手がわたくしの手首を掴み取ったのは同時でした。
瞬く間に黒い縄はわたくしの手首の5センチほど上に回され、必要以上に引き絞られない様にと縄止めをされたあと力を分散するかのように二本取りのまま3度巻き付けられたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]