忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

呻きは・・・悲鳴の色を帯びてまいりました。
沈黙は、肯定の意に取られかねませんでした。はしたない声を押さえ込むがゆえに、喘ぐ息の間から言葉を紡ぎ出したのです。
「何も・・ありません。お酒・・をご一緒するだ・け・・のお友達です・・・。下の会場では・・ゆっくりできない・・から・・・と。・・・あぁっ」
ピシ・・・ 右肩を火のような痛みが襲います。剥き出しの肌には・・この鞭はあまりに・・・きつ過ぎました。
「それだけのために、祥子を呼んだのか?そんな訳はないだろう。」
「でも・・それだけなんです。・・・ひぃぁっ・・・・」
ピシッ・・シッ・・・パシ・・・パンッ・・・・ピィシ・・・・・ピッシィィ・・・
力任せの鞭がわたくしの真紅のスリップで覆われた背中を・・・時に剥き出しの肩甲骨の上を・・・乱打してゆくのです。
痛みに・・・声を上げるゆとりなどもうなくしておりました。打たれる痛みに吐き出した息を吸う間もなく、次の痛みた襲うのです。
キスの間に長谷川さんの指で絡めとられ、身体の前面へと垂らされたロングヘアは幾度もの鞭の衝撃にに幾筋か背中へ落ちかかっておりました。背の中心を走る鞭の細い革は、時にわたくしの細い髪にも絡み付き・・・長谷川さんが鞭を引くと同時に数本抜け落ちてゆきました。
「・・・ゆるし・・て・・・ なにも・・ない・・わ・・」
ピシッ・・・
「はぁうっ・・・」 剥き出しの・・・ガーターストッキングの上の太ももと白い腰の丸みの下辺を舐めた革の痛みに、わたくしはとうとう膝を折ってしまったのです。
キシッ・・・ 左右の手首に回された黒の縄が、わたくしの体重を受けて乾いた軋みを響かせたのです。

「・・・ぁ・・・はぁ・・・・」 落ちた膝は、それでも宙に浮いたままでした。
鞭を受けるために強いられた緊張が一気に解かれてしまったいま、息を乱したままのわたくしは体勢を整えることすらできないでいたのです。
「強情だね。祥子は。」 長谷川さんは、腰に手を添えてわたくしの身体を真っすぐに立ち直らせてくださいました。それから、梁に投げ・括り付けてあった縄を解いたのです。
縄のテンションが無くなった途端、わたくしはよろめいてしまいました。それでも・・・いまこの場に膝をつけば、剥き出しのコンクリートはストッキングを破り・・わたくしの膝を傷つけることでしょう。
だから、長谷川さんが縄を緩めるより先にわたくしの体勢を整えてくださったのだと、ようやく焦点のあった瞳で足元を見て解ったのです。
そして耳には・・・あのピアノが奏でるジャズが・・・切ないSummer Timeが蘇ったのです。
「こちらに来るんだ。」 縄を・・・手首に回した縄はそのままに、長谷川さんはふらつくわたくしを抱き寄せると、ここで最初に案内してくださった革のソファーの前に連れてきて下さいました。
先ほどまでそこにあった大理石のテーブルは、ソファーとピアノの間に移動されていました。長谷川さんはソファーに腰を下ろし、わたくしを彼の膝の間の絨毯の上に座らせたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
確かに
その通りですね。
責め手の長谷川さんも承知の上でしょうし。
それでも恋する男心とS心が祥子さまを責めずにはいられないのでしょうね。
熟桃 URL 2006/12/10(Sun)07:38:28 編集
熟桃様
こちらでははじめまして♪ですね。

世間は狭いもので・・・まさかお付き合いのある方達がお知り合いとは思ってもみませんでした。
お仕事上の関係がある方だと、うかつにプライベートを漏らす訳にはまいりませんしね。
秘密を守るのも、大人の恋のルールだとわたくしは信じておりますわ♪
祥子 URL 2006/12/08(Fri)14:01:28 編集
こちらでははじめましてm(__)m
こちらも前からこっそりと覗かせていただいておりました。
他の方との情事について厳しく追求されている祥子様の姿が
我が身と重なって人ごととは思えなくなり、ついこちらにも
コメントを書き込んでしまいました。
もし自分だったら...そこまで持ち堪えられないでしょうね。
祥子様の律儀さには本当に脱帽です。
熟桃 URL 2006/12/08(Fri)13:40:36 編集
忍者ブログ × [PR]