忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鞭打たれた痕が身内に運ぶ甘い痛みが、わたくしの表情に切なさを付け加えていたのかもしれません。
「そうか。それなら次にしなくてはならないことはわかっているね、祥子」 やさしくさすって下さっていたわたくしの両手を長谷川さんの両膝に導きました。
そうなさってから、ゆったりと座ったソファーの背に上体を預けられたのです。
「さぁ、祥子。しなくてはならないことを、僕が命令しなくては出来ないような女じゃないはずだね、君は。」
「・・・はい。」 わたくしは横座りにしていた脚を揃えて引き寄せました。ハイヒールの足を立ててその踵に腰を下ろした姿勢へと鞭の響きが残る身体を変えていったのです。
そして・・・両手を長谷川さんのセーターの裾に伸ばしました。

黒の肌触りのいいカシミアのセーターの裾を少しだけたくし上げ、スラックスのベルトに手を掛けてから、改めて長谷川さんの目を見上げたのです。
それでいいんだ、と言う様に長谷川さんは大きく頷いてくださいました。
シルバーのシンプルなバックルのベルトを外し左右に垂らします。前カンを引き開け、少しだけファスナーを下ろして奥釦を外します。スラックスの中へ滑り込むわたくしの指にも・・・長谷川さんの塊が触れました。
ファスナーを全て下ろして、黒のボクサーパンツのたった1つの前釦を外して、わたくしは半分だけ昂った塊を引き出したのです。そしてすぐに瞼を伏せて・・・わたくしは唇を手の中の塊へと被せてゆきました。

こんなに沢山の方に可愛がられた経験をもってしても・・・わたくしは男性の塊をまじまじと見つめることが出来ませんでした。
愛撫することが嫌いなわけではありません。
指で・手で・唇で・舌で・乳房で・脇の舌で・頬で・乳首で・・・太ももで・ヒップの深い谷間で・花びらを包む丘で・・・そしてもっと奥で・・・わたくしの全てを使って、わたくしを欲して下さる塊を愛撫することは好きでした。
拙いまでも、男性の方が望まれるだけの愛撫をすることが出来るほどに熟した年齢になっても・・・なんと言ったらいいのでしょう・・・男性そのものであるその器官を見つめることはわたくし自身をバージンの時と変わらない羞じらいの中に突き落とすのです。
それはまるでわたくし自身を視姦されることと同じだけの羞恥を与えるのです。
たとえば、ほとんど照明を落としたベッドの上でしたらあまり意識することもなかったのでしょう。
でも、ここは内装工事すら済んでいないビルの中なのです。
いまだにジャズを奏で続けるピアノの側で衣服を脱いだ時に、ソファーの近くにあった照明の向きは変えられたままでした。いまは、広い空間を縦横に走る幾つかの照明の光軸からもれた仄かな明かりだけが、長谷川さんとわたくしを包んでおりました。

さきほど、長谷川さんがわたくしに口づけてくださったのと同じ様に・・・彼の塊の先端に唇を彷徨わせ、舌先をちろちろと這わせることからはじめました。
「石塚Jr.にもこんな風にしてあげるのかい?」
れろれろ・・・ わたくしは言葉では答えずに、首を横に振るのと同時に舌先に唾液を乗せてすべすべとした先端の中央を嬲る様に這わせたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
UMI様
ありがとうございます。
ようやく、一段落がつきましてFC2から新作をはじめております。
こちらも、明日あたりからは復活かと(笑)。
ご心配おかけしております。
いましばらくお待ち下さいね♪
祥子 URL 2006/12/15(Fri)23:55:22 編集
こんばんは
祥子ワールドにハマって、早く先が読みたくて、こちらにも来てしまいました。毎日両方を楽しみに読ませていただいてます。師走でお忙しいのでしょうね。無理なさらないでくださいね(と言って催促してるみたいな私ですね)(ノ^-^)ノ
UMI URL 2006/12/15(Fri)23:36:38 編集
忍者ブログ × [PR]