忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さきほどまで、ミニドレスのようにガーターストッキングの留め具を上品に隠してくれていたスリップは、Tバックのフロントの逆三角形の頂点の上まで・・・無惨に引き上げられておりました。
ことに、左前のスリットはTバックとガーターベルトのレースの重なりが白い腹部の肌の上につくる、妖しい陰影までも長谷川さんの眼に晒していたのです。
踵を下ろすことができないわけではありません。でも、そうするためには、手首の内側の白くて柔らかい皮膚がひきつれるほどに・・・縄を食い込ませるしかなかったのです。

ピシッ!・・・
「きゃっ・・・」 床を打つ鋭い鞭の音に、わたくしははしたない驚声を上げてしまったのです。
「綺麗だよ。祥子。」
「ぁん・・・ん・・」  背後から声を掛けた長谷川さんは、背中に流れるストレートのロングヘアに左手を差し込むと、捻る様に鞭に怯えたわたくしの顔を向けさせて、今夜初めて・・・唇を重ねられたのです。
夏のあの夜は、言葉を交わしただけでした。口づけさえ・・・1年ぶり以上になるのです。1年前の夜に、わたくしを試す様に重ねた冷静な唇とは明らかに違いました。
だからといって淫欲に溺れるだけでもなく・・・。
<思慕>という言葉を滲ませる口づけは、わたくしの怯えた心を溶かしてくれたのです。
「・・・はぁ・ぅ・・・」 太もものガーターストッキングが途切れて素肌を晒すちょうどそのあたりの上を細い革の束が撫でてゆきます。
「・・ん・・ぁ・・・」 以前、この方がわたくしに使われたことのある八条の1cmほどの巾のある黒革を束ねた鞭とは・・・同じバラ鞭でも明らかに違いました。
「・・ぁ・・ぁぅ・・・」 まるで長谷川さんの口内に流れ込むわたくしの慄きの声を楽しむかの様に、身体中を長谷川さんは右手に持った鞭で撫で回してゆくのです。
太ももの外から内へと・・・Tバックに包まれた丘の頂き・・・やわらかなわたくしの腹部・・・ハーフカップブラに支えられたGカップのバストの下辺・・・キスのために反らされて露にされた左の首筋。
「ゃ・・ぁ・・・・・」 眼を開けることも、肌に触れる鞭の姿を追うことも、頭を押さえられ・唇を奪われたままのわたくしにはできないことでした。
それでも、その張りのある1本1本の細革の滑らかさや、束ねた革の本数が振り下ろす力を分散するためでなく一部の無駄もなく全ての力を1本1本に伝えるためにあることも容易に想像できたのです。

「今夜のキスはシャンパンの香りだな。」
「ぁ・・ぁぁ・・・」  唇を重ねられるのと同じ唐突さで、長谷川さんはわたくしから唇を離されました。わたくしの舌は、先ほどまで絡められていた長谷川さんの舌を追う様に・・・喘ぎ声とともに差し出され・・・放置されたのです。
キスをしていれば、鞭打たれる時間は遠のくと思ったのです。でも・・・
「これが随分気に入ったみたいだね、祥子。」
「ぃゃぁ・ぁ・・・」 眼の前に差し出された鞭は、想像以上のものでした。
沢山の細革が束になったその鞭は、振り下ろす力にGを加えることが可能なほどの長さとしなやかさを備えていたのです。この鞭の一振りは、間違いなくわたくしの皮膚に・・・紅い火襷のような痕を付けることができるでしょう。
「ブラをしていてもこんなにはっきりわかるほど昂らせて、そんなにこの鞭が欲しいのかい?祥子。」
「あぅっ・・・」 鞭の持ち手のエンドに付いた銀の玉で、長谷川さんはわたくしのGカップの先端を・・・押しつぶすようにされるのです。両腕を吊り上げられたせいで、乳暈をぎりぎり覆っていたハーフカップのブラからくっきりと立ち上がった乳首をのせたGカップの乳房は溢れ落ちんばかりになっていたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]