忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
01 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

左右の手首を重ね合わせて二つ折りにした麻縄を掛けて括ってゆきます。綿縄とはちがう・・・しくっとした痛みが手首に走ります。
吊って鞭を打ったわたくしの手首を心配して下さった長谷川さんなのです。先ほどと少しだけ違う位置を縛り上げておりました。
「ぁぁっ・・・」
「動くんじゃない。」
後ろ手だけかと思っていた縄が、胸元に回って来たとき思わず声を上げてしまったのです。鞭でひりつく背を麻縄が走る痛みもさることながら、柔らかく白い肌の上をしゅっと・・・強く引かれる麻縄は想像以上の痛みを与えるのです。綿縄のような一瞬の熱感ではなく、ほんの少しの動きでも小さなとげに刺され続けるような感覚が続くのです。
マットな黒のガーターベルトとストッキング・Tバックにパンプスを履いただけの姿のわたくしは、高手小手に縛り上げられておりました。
長谷川さんの麻縄は、練られ・鞣され・・・わたくしの身体をしなやかに括り上げておりました。麻独特の色合いは肌に溶け込み、まるでわたくしが自らの意志で腕を後ろに回し・・・淫らなGカップの乳房を突き出しているかのように見せました。

「麻の感触はどうかな。」
「ちくちく・・します。」
「ふふ、そうか。祥子の肌には刺激的過ぎたかもしれないな。それとも初めてではなかったかな?」
締め具合を確認するように長谷川さんは縄とわたくしの肌の間に指を入れようとなさるのです。
くい・・と引かれるたびに、ちりちりと肌を刺す痛みがわたくしを責めます。
「ちがい・ます・・はじめてです」
「見た目で言えば、やはり黒か赤が祥子のこの淫らな身体には似合うな。」
「あぁ・・ん・・ゆるして」
伸ばされた長谷川さんの手が縛られたことで一層前に迫り出したGカップの乳房の先端の鴇色の蕾をつまみ上げるのです。
「縄が好きか?僕以外の男に縛られて、縄酔いするほどに開発されたか?」
びくっ・・・わたくしは身体を震わせてしまいました。
他の男性・望月さん・・・に幾度となく縛られて晒した痴態まで知られていたような・・・そんなことなんてあり得ないのに・・・気さえして怯えました。
それに・・・縄酔いする身体になっているなんて信じられません。
縄を掛けられて強引に取らされる淫らな肢体に羞恥を覚えても、縄の感触自体に感じるなんて・・・そんなはしたない身体になっているなんて思いたくもありませんでした。
「長谷川さん以外の方に縛られるなんて・・・」
「ないか?縄の心得がある男なら祥子のこの身体と従順な態度を見れば、縄掛けしたくてうずうずするはずだ。」
「・・・そんな。」
「そんな?」
「わたくしは、そんなに節操のない女じゃありません。」
「そうか。ずっと逢わなくても僕の縄を覚えていてくれたということなのか?こんなに。」
「あぁぁっ・・」
羞恥によりあわせたふとももの狭間へ・・・Tバックごしに透けて見える茂みの中の真珠へ長谷川さんは指を差し入れたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
わたくしは、心まで縛られるから・・・なのだと思っておりますわ。
一縄ごとに、主だけのものになってゆく。
一般の社会も生活も常識からも隔離されて。
その淫らな独占感が、わたくしにとっての縄の醍醐味でもあります。
祥子 URL 2006/12/18(Mon)23:51:10 編集
祥子様
縄酔い・・・桜草にはまだわかりませんが・・・。
何もされなくても「縛られる」という行為だけで逝く感覚にも似たものを感じる。
「縛られる」っていう事のどこに蜜壷に蜜を溢れさせる魔法があるのでしょうねえ。
桜草 2006/12/18(Mon)21:52:47 編集
忍者ブログ × [PR]