忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2006 / 11
工事用のスケルトンエレベーターをいくつか乗り継ぎました。
「ここだよ。」 最後に、長谷川さんに背を押されて降りたフロアには、エレベーターから漏れる明かりで鉄骨に<34>という数字を書いた紙が貼付けられていたのがわかりました。
バァン・・・ゥィィィィィ・・・ 長谷川さんがエレベーターのすぐ側にあった建築用の大型のブレーカーを繋いだようです。フロアにところどころに強い照明がついたのです。
フロアの床はまだコンクリートを打ちっぱなしにしただけのようでした。いくつかの壁は出来上がっていましたが、長谷川さんが向われた先は、エレベーターから外壁までの間は・・・柱はあるもののまだ壁のない空間でした。
エレベーターホールから見ると少し歪んで見えるフロアの先には、現在のこの内装の状態にはそぐわないいくつかのものが見えたのです。その1つは、グランドピアノでした。
「こっちだ。来なさい。」 長谷川さんが、空間を摘まみ上げます。手元にたくし上げられたものを見て、それが天井から床まで張り巡らされた透明な建築用のシートであることがわかりました。
1人、エレベーターホールに残されるのは不安でした。
わたくしは小走りに長谷川さんに近づくと、長身の彼が開けてくれた空間へ入り込んだのです。
「次はここ。」 同じようなシートを3枚、わたくしは長谷川さんと共にくぐったのです。
その先には、100坪ほどの空間が広がっておりました。

建築用の大きな照明が、まるで間接照明のように配されて空間を明るく照らします。
外は肌寒いほどですのに、あちこちに設けられた大型のオイルヒーターはほんのりと室温をあたためておりました。
そして、眼の前には・・・わたくしの見たものが錯覚ではないと諭すように、20畳ほどのペルシャ絨毯の上に応接セットとグランドピアノが置かれていたのです。

「流石の祥子さんも、こんなところに来るのは初めてかい?」
「え・え・・・」 マンションのプランニングのお仕事をお手伝いをしたことはありました。それでも建築途中の、まだ内装すら済んでいない建物の中に、ヘルメットもなしで入ったのははじめてでした。
わたくしをソファーへとエスコートすると、長谷川さんはわたくしの肩に手をかけて座る様に促すのです。
ムートンのコートを脱いで袖だたみにしてソファーの肘掛けにかけると、ゆったりとした座面の革張りのソファーにわたくしは腰を下ろしました。
「このビルは、いま僕が手がけている仕事の1つなんだよ。」 長谷川さんも暖まって来たこのあたりの空気を確認すると、バーバリーのコートを脱がれました。わたくしのコートと一緒に、ソファーの後ろにあるハンガーラックへと吊るしてくださいます。
そして、次に向かわれたのはソファーセットの少し先にある小さな冷蔵庫でした。
ヴーヴクリコのミニチュアボトルと、グラスを2つ。長谷川さんは大理石のテーブルに並べました。
「もう、ライフラインは完備している。化粧室も、ほらあそこに出来上がっているから心配しなくていい。」 長谷川さんが指をさしたのは、さきほどエレベーターを降りてすぐに目についた壁に囲まれた空間でした。3枚の建築用シートの2枚目と3枚目に挟まれる様に・・・その空間はありました。
「さぁ、3ヶ月ぶりの再会に乾杯しよう。」
「乾杯♪」 チン・・・ グラスを交わす澄んだ音が響きます。でもわたくしはまだ不思議な心持ちから抜け出すことができなかったのです。
そこに配されているものは、1つ1つはとても見事なものでした。
でも、ある訳のない場所にレイアウトされた贅沢な品々は・・・まるでダリの絵の中に入り込んでしまったようなシュールな感覚に私を浸していたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
ふふふ、タイトルで悩殺されてくださるなんて♪
悩んでこれに決めたかいがございました。
柏木様が、長谷川さんになりかわって可愛がって下さるのかしら?
それも素敵なことかもしれません。

支配人は・・・かつて登場した日比野氏です。
ジャズライブの場所も、はじめて長谷川さんとお逢いした<蝉時雨の庭>もホテルでのライブなんです。
だって、待ち合わせならそれが一番自然でしょう?
いままでに登場した場所やシーンはどのシーンも大切です。その分、なんとなくシリーズ化してますが(笑)
これからも楽しみになさってください。
祥子 URL 2006/11/29(Wed)07:37:03 編集
無題
タイトルからして、いいですね。
黒衣の情人。
もうこれだけで、悩殺されてしまいそうです。
てっきり私の世界のことか?と思ってしまいました。
あきれた我田引水・・・でございますね。(^^ゞ

今夜、ここまで一気に拝見しましたが。
支配人さんは、もしやかつて登場されたアノ支配人さんでしょうか?
以前のお話と似た場所をとおりかかるたび。
ああ、祥子様は舞台も脇役も・・・もちろん読者もたいせつにしていらっしゃるのだなあと感じます。
お話のなりゆき、期待していますね♪
柏木 2006/11/28(Tue)23:46:31 編集
忍者ブログ × [PR]