忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 2006 / 03
襟元の雪輪とやわらかく・淡く描かれた淡雪が見事に調和し・・・淫楽にまみれた時間にやつれたわたくしの顔さえも明るくみせてくれていました
「そう言っていただけるとほっとします」 襟元を整え・腰を決め・2本の紐で瞬く間に着付けてゆくのです
綺麗に抜けたうなじ・・・上品に合わせられた襟元 箱根の時と同じ品があるのに艶やかな着付けでした
裾から袖に描かれた紅侘助が白い雪の世界に・・・はっとするほどの彩りを加えているのです そして花のそばにきっかりと描かれた常緑の葉が清冽な美しさを際立たせます
「お食事もありますからあまり苦しくないように着付けさせていただきます」 そういって袋帯の手をわたくしの左肩に預けるのです
「お願いします」 半折りにした帯の手を押さえました 
金箔のたっぷりとした袋帯に帯板を挟み込み胸高に二巻きし 後で手とたれを結びます
「苦しくはありませんか?」 望月さんはわたくしの真後ろに立ち いまはもう鏡越しにわたくしに語りかけるのです
「ええ大丈夫です」 しっかりと巻かれ結ばれていても不思議と不快な圧迫感がないのです 祇園で男衆さんから習ったという彼の着付けは・・・盛装になるほど際立つ見事さでした
「これをお願いします 仮結びでかまいません」 背後から渡されたのは帯枕を包んだ深緑の帯揚げでした 金の松葉を散らしたシックなものです
「はい」 わたくしはきゅっとひと結びし・・・かるく片蝶に止めました
「帯締めをおねがいします」 丸ぐけの帯締めが後から渡されました しっかりと花結びをして房が上に向く様に左右の脇に挟み込みます
お太鼓の形を整えた望月さんがわたくしの前にいらっしゃいました
ただ一つ仮結びされていた帯揚げをきゅっと結ぶと・・・帯の中に入れて・・今夜のわたくしの着付けが終わったのです
 
「いかがですか?」 望月さんがわたくしの背を鏡の方に向けました
「素敵だわ・・・」 定番のお太鼓結びなのに・・・その着物は帯を加えられたことで格段に華やかな装いに変わっていました
髪に刺されたかんざしの椿さえもまるで着物から抜け出した様なのです
「お綺麗です 祥子様には花の柄が本当に良くお似合いになります」
「ありがとうございます こんなに素晴らしいお着物 うれしいわ」 わたくしを見つめる望月さんの瞳には別荘で迎えてくれたときには見られなかった喜びの表情が溢れていたのです 

そして・・・彼なりの控えめで誠実な欲望さえ
「祥子様 私にご褒美をいただけませんか?」 これから起こるであろう時間が二人の脳裏をよぎりました
わたくしは・・多分明日の朝まで・・・三人の男性に嬲られつづけることになるのです
「ええ これでよろしいの?」 望月さんの方へ向き直り・・・わたくしから口づけをしたのです 少しでも穢れる前に・・・こんな素晴らしいプレゼントを用意してくれた彼にわたくしを感じてほしかったのです
「んぁ・・っぅ」 彼の口づけは濃厚なものでした 
扉の向こうには主である美貴さんをはじめとしたお三方がリビングに寛いでいるはずです 主とそのお仲間の想い人とのディープキス
まるで秘めた二人きりの時を彼らには渡さないと・・・全て貪るような激しさでした
「ありがとうございます 祥子様」 名残惜しげに身体を離すと耳元に熱い吐息とともに望月さんの囁きが届いたのです 
そして彼との戯れが・・・わたくしのさきほど清めたばかりの身体をまたはしたなく潤わせてしまったのです 
 
「お食事が用意してあります 参りましょう」 たとう紙をたたみ重ねると 望月さんはリビングへつながるドアを開けたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]