忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2006 / 03
「ん・・ゃぁ・・・」 美貴さんに唇を塞がれたままでそれでも喘ぎを漏らしてしまうのです
「何重にも重ねられたその衣の中に男をそそる香りを包み込んでいるかと思うと かえってそそられるんですよ」 いつの間にかソファーの端にいた石塚さんがわたくしの脚元にいらしていました
「車の中と同じアングルでもまた違う趣きですよ 豪華な着物に覆われた祥子さんの脚」 頬擦りするようにソファーに掛けた太ももを抱き・・絹の上から爪を立てる様につぅぅっと指を這わせるのです
「んぁ・・ぁ・・やめて・・・」
「いまさら だめです ここでの夜の過ごし方くらい祥子さんは承知の上でしょう」 唇を啄むようなキスを繰り返しながら美貴さんが念を押すのです
「着替えて・・きます・・そしてベッドルームへ」
「ここには僕たちしかいないんです だからどの部屋でも同じです それにこの着物姿の祥子さんを嬲りたいんです 着替えるなんてだめです あぁ指を動かすたびに 祥子さんの香りが漏れてくらくらしそうですよ」 ソファーで上体を捻られ・・・3人の男性に弄られているわたくしの右頬は暖炉の火で赤く色づいていました
「ぁっ・・はぁん・・」 アップにした髪から出ている耳たぶを美貴さんの唇が襲うのです ぬめる舌が敏感で感じやすい耳朶を乳房のように吸うのです
 
「もう我慢できません 見せていただきますよ 祥子さん」 石塚さんの指が着物の裾を持ち上げるのです
「ぃやぁ・・ゆるして・・・」
「だめです」 石塚さんの手をさえぎろうとしたわたくしの手を美貴さんが掴み男性の虜力で押さえ込むのです
「長襦袢はブルーなんですね ここにも椿が染め抜かれている・・・祥子さんにぴったりの優雅さですね」
「しないで・・・おねがい・・」 長襦袢を目にしただけで・・・許してはいただけなかったのです 石塚さんの手は繊細なアイスブルーの長襦袢の裾にも掛けられたのです
「ああ この赤 湯文字だけ赤なんですね 綺麗ですよ 望月くんの趣味は相変わらずいいな」 湯文字一枚の上からきつく合わせた太ももの上を頬擦りするのです 先ほどやはり入浴をされたのでしょうか 石塚さんの頬には・・髭のざらつきはありませんでした
「こんなに薫る まだ絹に覆われているのに 男をそそる香りがしますよ 祥子さん」
「あぁ・っ・・」 身体を起こすと一呼吸置いて湯文字さえくつろげられてしまったのです
「見ないで・・ください」
外側から白地に椿の友禅・淡水色の長襦袢・深紅の湯文字・・・そして足袋だけをつけたわたくしの揃えた脚が太ももから露になっていたのです
「陶あんの器よりも綺麗です この景色を愛でられるなら僕が用意した器など・・・ものの数ではありません」 石塚さんの声も欲情の色を帯びています
「あぁ もうフェロモンがこんなに甘く薫る」 むき出しの太ももに唇を這わせるのです
「あぁん・・だめ・・」 柔らかな肌に走る滑る感触にわたくしはぴくん・・と腰を震わせてしまいます
 
「僕たちもその景色を楽しみたいですね」 胸元を嬲り続けた山崎さんの手が抜かれ・・・わたくしの背はソファーに押し付けられたのです
「望月ちょっと来てくれ」 「はい」 わたくしの手を掴んだままの美貴さんに呼ばれた望月さんがソファーの背側に回りました
「祥子さんがおとなしくしているようにこの手を押さえていてくれないか」 掴んでいた手を頭上に引き上げ そのまま望月さんの手に委ねたのです
「わかりました」 わたくしの手を頭の後で組んだようにまとめると彼の大きな手でしっかりと拘束されてしまったのです
「おとなしくしますから 放して・・おねがい」 望月さんなら聞いてくれるだろう・・そう思ったのです
「いえ だめです 言うことを聞いてください」 彼の声は冷静で・・牡の欲望を滲ませていたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
さすが、祥子さま。
あの手この手・・・とお考えになりますね。^^
さきほど、投票を済ませてきました。^^
<FUN CLUB>で直接ことばを交わすこともできた百貨店部長にしようかとも思いましたが、
やはり投票したのは・・・まぁいわぬが花、でございますな。^^
そんなわけでこちらでは、登場人物と直接お話できてしまったりもするのですね。(笑)
3月15日 0:08
柏木 2006/08/28(Mon)15:54:29 編集
人気投票
三寒四温で目まぐるしく変わる気候ですが皆様お元気でお過ごしでしょうか

いまFC2の<淑やかな彩>で男性キャラクターの人気投票をしています。
どの男性が素敵だとお思いなのか、皆様のご意見をお聞かせください。
得票の高い男性は登場回数が増えるかもしれませんわ♪
http://syouko8138.blog46.fc2.com/
祥子 2006/08/28(Mon)15:54:10 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]