忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 2006 / 03
「ゆるし・て・・ぇぇ・・はぁぁ・・おねがい・・ほどい・・て・・」 真珠をむき出しにされて美貴さんの唇に吸い上げられる強烈な刺激に耐えかねて・・・わたくしはもう一度望月さんを見上げました
彼の前で他の男性に嬲られる姿を・・・他の男性に上げさせられる喘ぎを・・・出来るだけ聞かせたくはなかったのです
望月さんを見る睫毛には涙がひかり 声はどれだけ堪えてもわななく赤い唇から苦悶よりも淫らな色合いを深めて漏れ出していたのだと思います
眉をひそめてわたくしを見下ろす望月さんがの眼差しに宿っていたのは・・・なんだったのでしょう 苦悩・欲望・・・それとも軽蔑?
「お許しください」 あおのけたわたくしの頤を捕らえると望月さんは顔を重ね哀願の言葉を紡ぐはずの舌に・・・はしたない声を溢れさせる唇に・・・貪るような口づけをはじめたのです
「ん・・ぅくぁぅ・・ん・ぁ・・・」
やめて・・・という言葉は彼の喉奥に飲み込まれ舌の動きは彼の口腔を愛撫する動きに変わってゆくのです
昨日から唇しか交わしていない望月さんとの性交のような口づけは 彼の満たされない欲望の深さをわたくしに突きつけているように思えたのです
主の眼を盗んでのものではない・・・でも 彼だけのものにはなれないシチュエーションでの熱い口戯にわたくしは次第に理性を薄れさせ 我を忘れていったのです
 
「望月のキスはいいんですか? 祥子さんの蜜が飲み切れないくらい溢れてきますよ」 ちゅくちゅく・・と唇を放した場所に指を這わせながら美貴さんはわたくしの羞恥をなおも煽るのです
「んん・・ぃぁ・・ぅう・・ん」 ちがうの・・・美貴さんの言葉責めに抗う言葉さえ望月さんに飲み込まれてしまいます 一瞬でも離したら2度と重ねることが出来ないとでも言う様に触れ続ける二人の唇の端からその言葉も喘ぎのように漏れ出ただけでした
美貴さん・山崎さん・石塚さんの唇は感じやすいわたくしの淫らな身体を容赦なく追いつめてゆくのです
送り込まれるストレートな快感に ぴく・・ぴくっん・・と身の内を駆け抜ける快感が引き起こす痙攣はその間隔を明らかに縮めていったのです
「ふふ いいんですね 祥子さん こんなに身体を震わせて」 左の乳首を責める山崎さんがすべすべの指にはさみ揉み込む様にしながら唇を奪われているわたくしの耳元に囁くのです
「ぅっ・くぅ・・あぁぁ・・はぁん」 どれほど唇を塞がれても・・淫らな喘ぎは後から後から溢れてしまいます
滑らかな山崎さんの手がわたくしのGカップの白い乳房を握りしめるのです 指の間から・・・白い柔肉を絞り出すかのように
一層突き出した堅い先端を前歯で軽く挟みしごくように・・・愛撫するのです
根元に歯が当てられた時に唾液をたっぷりと載せた舌が生き物のように山崎さんの口内に含まれたわたくしの敏感な分身をなめまわすのです
 
「んん・ん・ぅう・・ぃぃぁ・・ぇぇぇ」 昨晩から いいえ朝から何度も何度も絶頂を味合わされた身体は堪え性をなくしておりました
一度も声をお出しにならない石塚さんは・・・痛みと感じるぎりぎりの刺激と甘やかな舌先を駆使してひたむきにわたくしを愛撫し続けていました
胎内を除く全ての粘膜を豪奢な着物を纏ったまま縄で縛められて 同時に複数の男性の繊細な口唇の粘膜で嬲られ続ける快感は わたくしをまたもや・・・はしたない頂へと押し上げたのです
「こんなに身体をひくひくとさせて もう逝きそうなんですね 逝きなさい!祥子さん あなたの逝き顔を晒すんです!!」 山崎さんが耳元でそれだけを囁くと白い乳房に即座に顔を伏せ・・・感じやすい左の乳首に甘噛みを加えるのです
「ぁぁ・・んあぁ・・ん・・いく・・ぅぅぅぅぅ」 ぴく・・ぴくん・・ぴくぅ・・淫らに身体をひくつかせて 最後の瞬間に全ての唇から解放されたわたくしは4人の男性に見下ろされながらM字開脚に縛められたままで・・・逝き果ててしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
男性の方達の年齢のせいでしょうか
性急ではない・・・
まるでわたくしを快楽に屈服させるのが目的のような愛撫が続くのです
まだ元旦の午後7時をまわったほどの浅い時間なのです
これからどれだけの辱めがわたくしを待っているのか
想像すらできません
3月18日 8:37
祥子 2006/08/28(Mon)15:56:43 編集
祥子様
4人もの殿方に愛撫されて逝った気分は如何でしたか?
まだまだこれだけでは終わらないような気がします・・・・
時間はたっぷりあるのですから。

このまま逝かされ続ける祥子様を見つめ続けなければならないなんて・・・

着物姿のそのままで縄で縛られている祥子様
その白いお肌がピンクに染まっていく・・・・
縄の跡が赤くなる・・・・・

ふ~~
3月17日 23:23
桜草 2006/08/28(Mon)15:56:20 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]